フライペーパー!史上最低の銀行強盗 推理要素がより強くなったハングオーバーのサスペンス版

    映画(コメディ)
    11 /11 2012
    フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 [DVD] 何だって同時に強盗が?ツイてないぜ…ヤキが回ったか?

    タイトルフライペーパー! 史上最低の銀行強盗
    公開:2011年
    監督ロブ・ミンコフ
    脚本ジョン・ルーカススコット・ムーア
    製作総指揮クリスチャン・アーノルド=ボイテル
    ジャンルコメディサスペンス
    出演パトリック・デンプシーアシュレイ・ジャッドティム・ブレイク・ネルソンプルイット・テイラー・ヴィンス
    上映時間88分

    内容:とある銀行の窓口係ケイトリン(アシュレイ・ジャッド)が風変わりな客のトリップ(パトリック・デンプシー)を応対していたところ、2組の強盗が同時に銀行を襲撃してきた。
    間もなくセキュリティーシステムが作動し、ほかの人質たちも銀行の外に出られなくなってしまう。
    そこで、お互いを排除しようとする強盗達が睨み合う中、一発の銃弾が原因で銃撃戦に発展。
    トリップが間に入り、なんとか銀行強盗たちを落ち着かせ、強盗たちはそれぞれ金庫とATMの金を分け合うことにするが、トラブルが続出し……。

    感想コメディかと思って見てみたら、サスペンスでした。笑いの要素も少しだけありますが、推理要素が非常に強く、2組の銀行強盗が同時に入ってきたのには、実は訳があって、それをトリップが推理していき、事の真相にたどり着くといった内容です。
    ヒントはず~~と劇中にあったのですが、悔しい事にオチは読めませんでした。なので、最後まで楽しめて良かったです。
    ハングオーバー!」と同じ脚本家という事で、バカさ加減を期待していたんですが、アホをやらかす奴らが出てくるのは出てくるんですがいかんせんその部分が”弱い”のが残念でした。

    最後に、この場を借りて日本の映画関係者に言いたい!
    ハングオーバー!」からだと思いますが、いい加減に副題に史上最低とか史上最悪とかつけて売るのは止めてください!
    乱発しすぎ!
    もっとオリジナリティあるタイトルで勝負を!
    いい加減、飽き飽きです!

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。