ネムルバカ ぐるぐる廻る青春のアレやコレやを描いた大学生日常ストーリー♪

    徳間書店コミックス
    11 /04 2012
    ネムルバカ (リュウコミックス)   「わっ天丼だ!どしたん これ!」

    タイトルネムルバカ
    出版社徳間書店
    著者石黒正数(代表作:「それでも町は廻っている」「木曜日のフルット」)
    ジャンル青春日常コメディ
    掲載誌コミックリュウ
    全1巻。

    内容:大学の女子寮で同室の先輩(鯨井ルカ)&後輩(入巣柚実)。
    バンド活動に打ち込む先輩は、いつも金欠ピーピー状態。これといって打ち込むもののない後輩は、とりあえず「古本MAX」でバイト中。
    ぬるま湯に頭まで浸かったような、でも当人にはそれなりに切実だったりもする「大学生」という不思議な時間…。

    感想:タイトルの「ネムルバカ」は、先輩の所属バンドである“PEAT MOTH(ピート・モス)”の名曲として一部で評判になった代表曲。この曲には同室の入巣の知らない事実があり、曲名の秘密が明かされるシーンは「えっ?そういう事かよ!」て感じでした。
    鯨井先輩と言えば、同作者の「木曜日のフルット」の鯨井センパイですが、関係性は不明です。
    あと、「響子と父さん」では、岩崎春香として鯨井ルカが登場しますが、名前が違うのは一体どういう訳なのか?
    単行本1冊にも係わらず、いろんな石黒正数作品に波紋を呼ぶ?作品と言えるでしょう。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    先日はコメントありがとうございます。

    「アナゴの穴」の管理人アナゴです。
    先日はコメントを頂いてありがとうございます。

    エアマスターがお好きなようで、
    これは波長が合うのかなと、少し興奮しています笑。

    「ネムルバカ」は石黒作品初挑戦の作品でしたが、作者独特なユーモラスな切り口がすごく魅力があって、かなり気になっている漫画家さんですね~。

    Re: 先日はコメントありがとうございます。

    アナゴさん こちらこそコメントありがとうございます。

    > 「ネムルバカ」は石黒作品初挑戦の作品でしたが、作者独特なユーモラスな切り口がすごく魅力があって、かなり気になっている漫画家さんですね~。

    石黒正数作品は、じわじわくる日常モノが多く、とても面白いんですが、コメディ・SFモノもオススメですよ。

    また、ちょくちょくそちらにも遊びに行かせて頂きますね(^^)

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。