デュラララ!! 「群像劇のスペシャリスト」成田良悟が送る東京・池袋の非日常!!

    アスキー・メディアワークスノベル
    10 /30 2012
    デュラララ!! (電撃文庫)  この街は、冗談と気まぐれと、偶然で出来ているらしい。

    タイトルデュラララ!!
    出版社アスキー・メディアワークス
    レーベル電撃文庫
    著者成田良悟(代表作:「バッカーノ!」「デュラララ!!」)
    イラストヤスダスズヒト
    ジャンル:ファンタジー・群像劇
    1巻以下続刊。

    内容:都会の非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染・紀田正臣に誘われて、来良学園に入学する為に上京。上京した初日に、池袋の「生きた都市伝説」の首なしライダーや、「池袋最強の男」「絶対に喧嘩を売ってはいけない人間」「池袋の自動喧嘩人形」と呼ばれる平和島静雄を目撃。情報屋の折原臨也と出会うなど、非常に濃い一日を送る。
    首なしライダーこと、セルティ・ストゥルルソンは、無くした「首」を追ってこの池袋にやってきた本物のデュラハン。
    その「首」を持つ矢霧誠二は、「首」を見られた事で、ストーカーの張間美香に瀕死の重傷を負わせてしまう。
    そして、この事件を切っ掛けに、帝人はセルティと交遊を持ち、望んでいた非日常の世界へと足を踏み入れる事となっていく。

    感想:主人公はセルティですが、群像劇であるため、セルティの視点から描かれる事が少なく、むしろ帝人などの視点から、描かれる事の方が多く、帝人が主役かと錯覚してしまいます。
    作者はコレを狙ってやってるのかどうかわかりませんが、結果、1巻の前半ではセルティの神秘性が出てて良かった。作者が「バッカーノ!」でも見せている、それぞれの場所や時間で起きた出来事が一つの事件に収束していく様子は愉快痛快♪

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
    2016年末から株式投資はじめました。
    ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
    趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

    株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
    あくまで自分のためだけに書いております。
    名前の通り私は無様な愚か者です。
    参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
    予め、ご了承ください。
    くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです