魔術士オーフェンはぐれ旅 新シリーズ (作:秋田禎信)

    TOブックスノベル
    07 /25 2012
    魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【通常版】魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【初回限定版】  「我は放つ、光の白刃!」

    出版社TOブックス
    著作秋田禎信(代表作:「魔術士オーフェン」シリーズ、「エンジェル・ハウリング」)
    イラスト草河遊也
    ジャンルファンタジー
    「魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端」以下続刊

    内容:魔術士オーフェンはぐれ旅完結から20年後を描く新シリーズ。舞台もキエサルヒマから新大陸に移り、オーフェンにも妻の他3人の娘が。アイルマンカー結界を破壊し、魔王オーフェンと呼ばれる彼の明日には待つものとは・・・。

    感想:新大陸の開拓が一段落つくも、合いも変わらず、神人種族の侵攻や巨人化などの脅威により、常に滅亡の危機にさらされる人間種族。激動の開拓時代の中、新大陸の魔術士達は、キエサルヒマから送られてくる新大陸への侵略者や、≪牙の塔≫の魔術士、カーロッタ・マウセン率いる元キムラック教徒など、多くの対抗勢力を相手に四苦八苦する新大陸の魔術士達。
    そこはさすが秋田禎信と言うべきか設定がしっかりしていて大きな矛盾はないし、政治色が強く、オーフェンの行う政局が楽しめ、当時、旧シリーズを読んでいた現在の大人でも楽しめます。
    マジクやコルゴンなど旧作のキャラも登場!


    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。