テルマエ・ロマエ 日本人ではない男“阿部寛”満を持してデビュー!

    映画(コメディ)
    10 /07 2012
    テルマエ・ロマエ Blu-ray豪華盤(特典Blu-ray付2枚組)

    タイトルテルマエ・ロマエ
    公開:2012年
    監督武内英樹
    脚本:武藤将吾
    原作ヤマザキマリ(代表作:テルマエ・ロマエ
    ジャンル浴場コメディ
    出演阿部寛上戸彩北村一輝竹内力宍戸開
    上映時間108分



    内容:生真面目な性格で古き良きローマの風呂文化を重んじる浴場設計師のルシウス(阿部寛)は、新たなアイディアを考えるために浴場(テルマエ)に。しかし人で混み合い、のんびりと湯船に浸かる事も出来ない。
    あまりの騒々しさに湯に潜り、水中で考え事をしようと思ったルシウスは、突然、渦に巻かれ、気が付くと知らない浴場に出てしまった。そこにいたのは、見た事もない「平たい顔」の民族たち。おかしな浴場だったが、よく見るとそこは驚くような知恵と工夫に溢れていた。
    そこで出会った漫画家志望の真実(上戸彩)らの洗練された風呂文化に衝撃を受ける。
    古代ローマに戻りそのアイデアを用いた斬新な浴場作りで話題となったルシウスは、時の皇帝ハドリアヌスからも絶大な信頼を寄せられるようになっていくのだが……。

    感想ローマ人として全く違和感の無い阿部寛。完全に溶け込んでいます!
    ただ、上戸彩の配役が意味不明でした。なぜ漫画家だったのでしょう?
    別に漫画家である必要はなかったと思うのですが…。
    ちなみに彼女は原作には存在しません。映画オリジナルのキャラクターです。
    何はともあれ、内容は俳優陣の力もあり一々面白いです。今年(2012年)公開された中では一番面白い邦画ではないでしょうか。(後半1時間は退屈でしたけどね)

    追記原作マンガあり(記事はこちら)。
    アニメ化もされています。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。