ソレミテ~それでも霊が見てみたい~ 第3回 今回の心霊スポットは八王子城跡

    読切・連載個別のレビュー・感想
    10 /02 2012


    連載3回目を迎える今回は、遂に編集長まで参戦!
    と思いきや、いつもの4人を八王子城跡を送り届けると、「終わったら連絡して」と言って早々に去っていく霊が苦手の編集長。
    気を取り直して、2つあるルートのうち“よく出る”と噂のある滝へと向かうルートへ向かう4人。

    前回、前々回と霊が撮れなかった彼ら。
    だが、3回目たる今回、小野寺浩二には秘策にあり!
    その秘策とはポラロイドカメラ。とても霊が写りそうという事で持参。気合が伺える!
    しかし、もちろん今回も写らず!

    道中、もはや御馴染の自然との触れ合いに荒んだ心を癒される4人。
    そして、滝に到着。鳴り響くラップ音に戦々恐々となる安達さん
    「どうせ、猿とか動物だよ」と対照的に冷静な石黒正数

    暗くて、滝が見えず、滝へ近づこうとするも、立入禁止の札がかかっており、無念のリタイアを余儀なくされる野寺浩二!

    やっぱり明るいから出ないんじゃないか?という事でライトを消す4人。
    しかし、予想外に明るい。空を見上げると満月が…。
    思わず、「るろうに剣心に出てきそうだね」と他社の話題をふり、「他社の話題はやめてください」と少年画報社の社員に注意される漫画家。

    (ネタバレ反転)結局、今回も霊は見れずじまい。しかし、同じく肝試しに来た人に取材ができ、充足感だけは一塩の漫画家2人。
    いいのかそれで!?


    取材も終わり、編集長に迎えに来てもらい、さあ帰ろうという時、担当・星野の口から衝撃の告白が!
    今回の取材はまだコレで終わりではなかった!
    なんと次のスポットの用意があったのだ!

    どうなる次回!?

    ※他のソレミテ記事はこちら
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。