クレイモア CLAYMORE 大剣を背負い妖魔と戦う半人半妖の女戦士達

    集英社コミックス
    09 /07 2012
    CLAYMORE 1 (ジャンプコミックス)

    タイトルクレイモア
    出版社集英社
    著者八木教広(代表作:「エンジェル伝説」、「クレイモア」)
    ジャンル:ダーク・ファンタジー
    掲載誌月刊少年ジャンプ週刊少年ジャンプジャンプスクエア
    1巻以下続刊。

    内容:人を捕食する妖魔に対抗すべく、組織に造られた銀眼と背負いし大剣を武器に、闘い続ける半人半妖の女戦士。通称クレイモア。  
     その戦士の一人であるNo.47のクレアは、妖魔に家族を殺された少年ラキの住むドガの村に、妖魔討伐の依頼を受け派遣される。クレアは妖魔の擬態を看破し、任務をこなし村を去る。その後、村から放逐されたラキは、家族の仇を討ったクレアに恩義を感じ、クレアと行動を共にするようになる。
    そんな中、ラキは次第に過酷な宿命を背負いつつも人々のために剣を振るうクレアに惹かれてゆく。クレアもまた、聖都ラボナでの戦いの最中、限界を超えた自分を救ってくれたラキに次第に好意を持つようになる…。
    そんなクレアには、実は他の戦士達とは違い、ある目的のために自ら戦士になった過去があった。
    これはそんな彼女の決意から始まった“出会いと別れ”の物語である。

    感想八木教広が「エンジェル伝説」で見せたギャグセンスを完全に封印し、画力を練り上げ挑むダークファンタジー。内容はシリアス一辺倒の作品になっています。
    が、これが以外?な事にすごくおもしろい!
    こんなマンガも描けるのか!と驚きました。展開も早く、次々と現れる強敵を相手に主要なキャラでも誰がいつどこで、どう死ぬかわからない戦況の構築は美事。クレアが仲間との出会いや修行、戦いを通し強くなっていく様は「ドラゴンボール」に通じる部分もあり、月刊とは言え非常にジャンプらしく好感が持てます。

    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    非公開コメント

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。