おもしろマンガアニメゲーム映画情報サイト

    マンガをメインに小説・ゲーム・映画・アニメなどの情報やレビューを個人的感想まじえながら紹介。基本ネタバレなし。ネタバレになる部分は白文字で書いてます。                        ちなみにタイトルの“おもしろ”部分はこのサイトが面白いという意味ではなく、面白いと思ったものを紹介していくという意味ですのであしからず♪(たまに例外アリ)
    最新ニュース
    月別アーカイブ  [ 2012年08月 ] 

    ≪ 前月 |  2012年08月  | 翌月 ≫

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [タグ未指定]
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    毒吐姫と星の石 「ミミズクと夜の王」の正統続編!

    毒吐姫と星の石 (電撃文庫)

    タイトル毒吐姫と星の石
    出版社アスキー・メディアワークス
    レーベル電撃文庫
    原作紅玉いづき(代表作:ミミズクと夜の王MAMA雪蟷螂
    イラスト磯野宏夫
    ジャンルファンタジー

    内容:全知の天に運命を委ねる占の国ヴィオン。占いによって生まれながらにして城を追われ、毒と呪いの言葉を吐き、下町に生きる姫がいた。星と神の巡りにおいて少女は城に呼び戻され、隣国に嫁げと強いられる。「全ては国のため」と占いに生き方を翻弄され強要され姫は叫ぶ。
    『薄汚い占者どもめ。地獄に堕ちろ!』
    遂に姫君は唯一の武器である声も奪われてしまう。星の石ひとつ抱き、絶望とともに少女は向かう。魔物のはびこる夜の森、そのほど近くの聖剣の国レッドアークに。少女を迎えたのは、夜の王に祝福を受けた、異形の手足を持つ王子だった。

    感想:相変わらず童話のような内容。雰囲気が変わってなくて安心しました「ミミズクと夜の王」の登場人物のその後がわかります。「ミミズクと夜の王」を読んでその世界観が好きになったので、十分読む価値がありました。もちろん“彼女”も出てきます。彼女が出てきたときはぐっと引き込まれ、まるでスローモーションで読んでいるかのように錯覚しました。実際たった数ページだったため本当に一瞬の出来事のようでした。詳しくはネタバレで。
    (以下ネタバレ選択反転)
    クローディアスは立派に王への道を歩み、アン・デュークは相変わらず。オリエッタも変わらずミミズクを溺愛しているし、そのミミズクは”真昼姫”としてレッドアーク以外の国でも語りつがれるおとぎ話のような存在となっていますが、彼女自身は、変わらず天真爛漫で屈託がありませんでした。ミミズクは現在、夜の王と森で暮らしてはいますが、どうやら割と頻繁にレッドアークに遊びに来ているようです。幸せそうでよかった。
    (ネタバレ終了)

    (追記)
    この作品の前作として「ミミズクと夜の王」が、関連作品として「MAMA」「雪蟷螂」が刊行されています。
    ミミズクと夜の王」記事はこちら
    MAMA」記事はこちら
    雪蟷螂」記事はこちら
    関連記事
    スポンサーサイト

    抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 三浦良が描く運命に抗いし者達

    抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 (富士見ファンタジア文庫)


    これは運命ではない、ゆえに我は復讐を誓った。
    これは運命ではない、だから私は恋をした。




    タイトル抗いし者たちの系譜 逆襲の魔王 (富士見ファンタジア文庫)
    出版社富士見書房
    レーベル富士見ファンタジア文庫
    原作三浦良
    イラストKIRIN
    ジャンルファンタジー

    内容魔王・ラジャスが、人間の勇者・サラに倒された。しかもサラがラジャスの魔力を全て吸い取り、彼女自身が魔王になるという異例の方法で。異常を察知したラジャスの腹心の部下であるフェルグスは、ラジャスをその場から引き離し脱出。魔王として戦わずに敗北。名誉のために死ぬ事もできなかったラジャスは、その屈辱を糧に、決して認められないこの”運命(ゆうしゃ)”に復讐する事を誓う。
    一方、絶大な魔力を我が物にした勇者・サラは、魔族を統べ魔王となり人間界に進行し人間界と魔界を統一。統一帝国の皇帝として君臨する。
    4年後、全ての力を失い一から研鑽重ね、機会を待ったラジャスは皇帝の近衛選出のために開かれる事となった武芸大会に紛れ込む。魔王となった元勇者サラと元魔王であり運命への復讐者ラジャス。二人が再び邂逅する日が迫ってきていた。

    感想:たくさんの登場人物がでてきますが、主役はサラであり、ラジャスと言うダブル主人公で描かれています。サラとラジャス、立場が入れ替わり、幾多の苦難の末ラジャスが遂にサラの前に立った時、何とも言えない高揚を感じました。
    でも何より、フェルグスのラジャスへの忠義に涙しました。ラジャスが羨ましく思いますし、フェルグスが羨ましい。

    追記:続編(抗いし者たちの系譜シリーズ)として「虚構の勇者」「覇者の魔剣」「再始の女王」があります。
    関連記事

    カシム・ザ・ドリーム~チャンピオンになった少年兵~ 日本未公開ドキュメント映画

    カシム・ザ・ドリーム ~チャンピオンになった少年兵~ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]

    タイトルカシム・ザ・ドリーム ~チャンピオンになった少年兵~
    公開:2010年
    監督キーフ・デヴィッドソン
    ジャンル:ドキュメント
    出演カシム・オウマ
    上映時間87分

    内容:IBFジュニア・ミドル級チャンピオンの若手ボクサー、カシム・オウマ。彼が生まれたのはアフリカのウガンダの地方の村だった。6歳のとき、反政府軍に学校で誘拐されたカシムは、強制的に大量虐殺の訓練を受ける。少女がレイプされるのを目の当たりにし、命じられるまま人を殺し、拷問を行った。カシムは青年へと成長するとボクシングを学び、軍を脱走。
    単身アメリカへ渡った。言葉もわからず、住むところもなかったが、ボクシングジムの門を叩いた事でボクサーとしてデビュー。祖国やアフリカのために闘い、世界王者にまでのぼりつめたカシムは、政治家の支援を得て、家族がいるウガンダへの帰郷を決意し動き出す。しかし、現在のウガンダはかつての反政府軍が政権を握り、脱走兵であるカシムにとっては、ウガンダ政府の対応如何では、命の危険も伴う恐れがある中、ついに家族に会うための帰郷の日がやってきた。

    感想:この映画は、完全なノンフィクションのドキュメント作品で、カシムがウガンダに帰り、家族に再会する様子が撮られています。少年兵時代にマリファナを吸い、心を麻痺させ戦争をしていたという真実。何年も音信不通の家族にいざ会ってみると、母は無事だったものの父は殺されており、墓の前でただただ許しを乞い泣き叫ぶカシム。何一つフィクションはありません。平和な日本では、絶対に知ることの出来ない世界の一片、そして真実が収められています。
    特筆すべきは、これは遠い過去ではなく、近代の出来事であるという事です。
    関連記事

    麒麟の翼~劇場版・新参者~ 主演:阿部寛×原作:東野圭吾 ドラマ「新参者」劇場版!

    麒麟の翼~劇場版・新参者~ Blu-ray通常版


    「世の中、甘く見ているようなら安心だ。
    どこにも光がないと絶望しているよりもいい。」




    タイトル麒麟の翼~劇場版・新参者~
    公開:2012年
    監督:土井裕泰
    脚本:櫻井武晴
    原作東野圭吾
    ジャンル:ドラマ
    出演阿部寛新垣結衣溝端淳平中井貴一
    上映時間129分



    内容:日本橋にある翼を持った麒麟像の下で、青柳武明(中井貴一)という男が息絶えた。警察の捜査により彼はナイフで刺された状態で8分間も歩き、わざわざ像の下までやって来て倒れた事がわかった。日本橋署の刑事・加賀恭一郎(阿部寛)は、青柳のそんな行動に疑問を持つ。そんな中、特別警戒中の警察官が、不審人物を発見。男は警察を振り切り逃亡するも道路に飛び出し車に轢かれ意識不明の重体となる。
    その不審人物の名は八島冬樹(三浦貴大)。彼は被害者である青柳の鞄を持っていた…。
    八島を容疑者として、加賀に警視庁捜査一課の刑事で従兄の松宮脩平(溝端淳平)とタッグを組み、八島の恋人・中原香織(新垣結衣)や青柳の家族たちへの聞き込みを行うよう指令が下される。

    感想:安心の演技力を持つ、阿部寛中井貴一をはじめ中々の豪華キャスト揃いで面白かったのですが、劇団ひとりが登場した時、この映画の雰囲気が壊れた気がしました。シリアスな内容に彼のような芸人は、演技力とかいう以前にミスキャストではないかと思えてなりません。
    ストーリーに関して言えば、東野圭吾っぽさがよく出ていたように思います。ドラマ「新参者」は未見ですが、同じ東野圭吾原作という事で比較するなら「容疑者Xの献身」よりかは全体的に面白かったです。
    関連記事

    鉄拳タッグトーナメント2 「体験会」にてオンラインモードの仕様が判明!

    鉄拳タッグトーナメント2  これが新時代格ゲーのオンラインモード!

    発売元バンダイナムコゲームス
    機種PS3,Xbox360
    ジャンル3D対戦格闘

    ■ランクマッチ
    「オフラインと変わらず遊べる快適さを実現している」というだけあって、鉄拳6とは違い遅延を感じさせないスムーズな対戦プレイが可能。

    ■プレーヤーマッチ
    「ルーム」を作ってのオンライン対戦。「ソウルキャリバーV」チームの協力関係により、ソウルキャリバーVのように、対戦中の2名以外はテキストチャットをしたり、試合を観戦したりできる。
    なお、「プレーヤーマッチ」のルーム最大人数は6人で、部屋名は自由につけることが可能。
    今後のアップデートで、50人が入れるロビーアリーナ、その中で16人が入れる対戦・チャットラウンジなどが随時追加予定。

    ■オンラインプラクティス
    オンラインで2人で練習できるプラクティスモードが搭載される。ボイスチャットにも対応。

    ■オンラインルーム検索オプション
    「プレーヤーマッチ」の場合、「エリア」(何でも/自分と同じ)、「使用言語」(何でも/自分と同じ)、「プラクティス」(無効/有効/何でも)、「ボイスチャット」(無効/有効/何でも)が選択できる。また、「ランクマッチ」には「ランク制限」(無制限/±3のみ/±3優先/±5のみ)、「回線品質」(無制限/5のみ/4以上/3以上)といったオプションも用意される。



    関連記事

    コンタクト 宇宙から送られてきたメッセージ。その内容とは…

    コンタクト [Blu-ray]

    タイトルコンタクト
    公開:1997年
    監督ロバート・ゼメキス(代表作:「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ)
    製作総指揮:ジョーン・ブラッドショウ、リンダ・オスト
    脚本:マイケル・ゴールデンバーグ
    原作カール・セーガン
    ジャンルSF
    出演ジョディ・フォスターマシュー・マコノヒー
    上映時間153分

    内容:電波天文学者エリナー・アロウォイ博士(ジョディ・フォスター)は、幼い頃からある答えを求めて続けてきた。「なぜ、我々はここにいるのか。我々はいったい何者なのか」。やがて、そんな彼女の願いが本当に天に届いたかのように、宇宙からメッセージが送られてきた。
    科学者として、女性として、人間として、エリナはたった一人でそのメッセージに答える決心をする。大宇宙を舞台に、人間の存在について考える、人間のための物語。

    感想:我々、人類は孤独なのか?生命とは?そんな疑問をテーマに取組んだ映画。宇宙に答えを求め、信じ行動するエリナー。送られてきたメッセージの内容の真偽が物議を醸し、賛否両論ありつつ、謎の解明に乗り出す過程と、目を放す事ができないラスト30分。静かな、しかし確かな感動がありました。
    でも、私がこの作品に本当に共感、感動できるのは、エリナーと同じ境遇になり、会いたくてもどうしても会えない人が出来た時なのでしょう。
    関連記事

    オルフィーナ 影武者から本物の王女として生きることになった少女の物語

    オルフィーナ (1) 新装版 (角川コミックスドラゴンJr)

    タイトルオルフィーナ
    出版社:角川書店
    著者:天王寺きつね(代表作:「オルフィーナ」「エデンズボゥイ」「うぽって!!」)
    ジャンル:ファンタジー
    掲載誌:月刊コミックドラゴン
    通常版 全12巻。
    新装版 全10巻。

    内容:コルデア王国の外れで気を失っていた少女「ファーナ」は偶然、コルデア王家の象徴である一角狼(クルフィア)トリファーに発見され、コルデア王家の介護を受け、意識を取り戻す事に。
    ファーナが目を覚ますと、ファーナと瓜二つのコルデアの王女「オルフィーナ」に出会う。
    コルデア王家の計らいで滞在を許される「ファーナ」。「オルフィーナ」ともすっかり打ち解けていく。
    しかし、そんな中、西の国グランザの脅威が王都まで迫ってきて、「ファーナ」は「オルフィーナ」を逃がすため「オルフィーナ」の影武者として戦場に立つ事を決意する。

    感想:設定は中世ヨーロッパ風の世界が舞台ですが、ステアン・クライブという来訪者が持ち込んだ銃などの技術を持ち込みグランザという小国が一気に領土を拡大。世界は混迷を極めており、その元凶となるステアンを捕らえるのがファーナの目的だったのですが、数奇な運命からオルフィーナとして生きる事になる彼女の心情の変化。多くの人物の視点から戦争を描かれており見応えがあります。
    新装版にしか収録されていないエピソードがあり、通常版を買っていた私としてはなんかやるせない気持ちにされたのが残念。

    追記:掲載誌の移行により「オルフィーナSAGA」と改題された続編がある。
    関連記事

    ベル☆スタア強盗団 実在の人物、実話を元にした西部劇


    「私(アルトン・B・メイヤーズ)はその時一人
    危険を省みずこの戦いを見守り続けた!
    無法の西部、凍りついた通りを駆ける一陣の熱風!
    一瞬の後に二人を待つのは生か!死か!」
    俺は……俺は――俺は今――伝説の中に居る……!!




    タイトルベル☆スタア強盗団
    出版社:角川書店→白泉社
    著者:伊藤明弘(代表作:「ジオブリーダーズ」「ワイルダネス」「ベル☆スタア強盗団」)
    ジャンル:西部劇・ガンアクション
    掲載誌:アクションヒップ→月刊コミックドラゴン
    全3巻(ドラゴンコミックス版とジェッツコミックス版があり、あとがきが違う)。

    内容:1932年、カナダ。ペイパーバック作家ベイカー夫人のもとに、男が拳銃の鑑定を依頼に訪れる。それは盗掘されたといわれていた「ベル・スタア」遺品の拳銃であった……。

    ―1874年。西部開拓時代のアメリカ。南部から出稼ぎに来た少女マイラ・ベル・シャーリイは、知り合いを訪ねて訪れた街で、強盗事件に巻き込まれ人質にされてしまう。警察にはなぜか犯人の一味と思われ、犯人ごと殺されそうになり、やむなく応戦。命からがらその場から逃げ出すことができたが、強盗犯として指名手配されることに。
    怪我をしたベルは、スタア兄妹に助けられるが、そのスタア兄妹も土地を守るため銀行から莫大な借金を背負わされており、借金のかたに土地を追われようとしていた。
    ところが、その銀行に勤める男ティモンズから、ある情報がもたらされる。それは、3日後に銀行から大量の現金が列車で運び出されるという情報だった。土地を守るため、現金強奪を決意するベル達。
    かくして、無法者・保安官・騎兵隊が入り混じっての大乱戦が幕を開けようとしていた。

    感想全編通して、西部劇映画さながら。ぜひハリウッドで映画化してほしい!
    やはり伊藤明弘だけあって銃撃戦の多さ、上手さは格別。1巻は状況の説明。2巻はベルと“伝説の男”コール・ヤンガーの関係。ベルとルーク・カーポそして”コロラド”ことミスタ・マクベインや騎兵隊のガラント大佐の奇妙な因縁が描かれている。そして、第3巻でいよいよ列車強盗の決行。素晴しい銃撃戦が展開される。列車での銃撃戦はマクベインが格好良すぎる!
    (以下ネタバレ反転)
    列車強盗に成功したものの、予定が狂い、現金を銀行のある町まで一人で運ぶ事になったベル。同じく列車での銃撃戦を生き残った保安官ルーク・カーポが追ってきて町の中、アルトン・B・メイヤーズを含んだ群集見守る中”決闘”を行う。その流れが上手くて、もう大好き。
    (ネタバレ終了)


                         
    関連記事

    ペルソナ4 PERSONA4 the Animation 大人気ゲームのアニメ版

    ペルソナ4 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]  「メガネの準備はOK? いざ、TVの中へ!」

    タイトルペルソナ4
    製作会社AIC ASTA
    監督岸誠二(代表作:「Angel Beats!」「ペルソナ4」「人類は衰退しました」)
    原作ペルソナ4アトラス
    ペルソナデザインコンセプト:金子一馬
    音楽:目黒将司
    話数:全26話
    ジャンル:SF・ファンタジー
    DVD,Blu-ray全10巻。

    内容:両親の海外出張になり、1年間の期間限定で、叔父である堂島遼太郎(声:石塚運昇)の家に居候することになった鳴上悠(声:浪川大輔)。彼が転入した八十神高校では、「雨の夜の午前0時に点いていないテレビで自分の顔を見つめると、別の人間が映る」という「マヨナカテレビ」と呼ばれる噂が流行していた。仲良くなった花村陽介(声:森久保祥太郎)、里中千枝(声:堀江由衣)と「マヨナカテレビ」の噂を今夜確認してみようという事に。
    その夜「マヨナカテレビ」を見てみると確かに人影のようなモノが見え、不思議な声が聞こえてくる。その声が原因で目眩に襲われた悠は、咄嗟にTVの画面に手を突こうとしたら、なんとTVの中に手が吸い込まれてしまう!?
    翌日、その事を花村陽介、里中千枝、天城雪子(声:小清水亜美)に話すと、「TVが小さくて、入れなかったのなら、大きなTVで試してみよう」という事になり、実家の手伝いのある雪子を除き、3人でジュネスの大型TVで試してみる事に…。今度は、不注意から3人ともTVの中に入ってしまう!

    TVの中は見たことも無い異世界で、同じ頃、町で起こっている殺人事件は、この「マヨナカテレビ」と何か関係があるのでは?と踏んだ悠らは独自に調査に乗り出す。

    感想:RPGゲームをそのままアニメにして成功した稀有な例だと思います。非常に面白かったです。ポップで明るい雰囲気が常にあり、かと思えば、押さえるべきトコは、きちんと押さえ、感動あり、笑いありの良作。中でも、雪子の「逆ナン」、完二の「同性愛疑惑」は痛快なネタ。2011年冬放送のTVアニメでは、ダントツで面白かった。悪いトコと言えば真のエンディングがTV未放送でDVD,blur-rayのみの収録という点がマインスポイントでしょうか。

    関連記事

    クローズ |“最高の男”坊屋春道参上!

    クローズ完全版 1 (少年チャンピオン・コミックス) 「自分が『カッコわりィ』と思うことをオレはやらねー」

    タイトルクローズ
    出版社秋田書店
    著者高橋ヒロシ(代表作:「クローズ」「WORST(ワースト) 」「キューピー」)
    ジャンル不良群像劇
    掲載誌月刊少年チャンピオン
    通常版 全26巻+外伝3巻。
    完全版 全19巻+外伝2巻。

    内容:「カラスの学校」の異名を取る超不良校・鈴蘭男子高校に転校してきた坊屋春道は、様々な強敵と出会い喧嘩を重ねて友情を築いていく。坊屋春道を中心に暴走するはぐれ者達。群れることを拒んだアウトサイダーの怒りと友情の物語。

    感想当初の鈴蘭編はあまり面白くないが、九能龍信登場の武装戦線編に入ると俄然面白くなり、美藤竜也が出てくる鳳仙学園編に入る頃には完全にハマってました。
    魅力的な数多くのキャラクターが登場し、物語はどんどん面白くしてくれます。最初の頃は、喧嘩の描写ばかりで本当に面白味を感じませんでしたが、巻数がか重むにつれ、キャラの心情描写が増え、群像劇として完成度の高い作品となっていきます。
    主人公である坊屋春道がイイ意味で周りに溶け込み、最早、登場人物全員が主役になっていく様は気持ちが良かった。特に私は、春道と同じくらい九能龍信と美藤竜也が好きだったので、そういう意味でも県南編は非常に面白く感じました。

    追記:続編として、春道が鈴蘭を去った1年後を描く「WORST(ワースト) 」。
    関連作品に「クローズ」と同じ世界観で、「クローズ」のキャラがゲスト出演する「キューピー」があります。

    関連記事

    WILD HOGS/団塊ボーイズ ティム・アレン、ジョン・トラボルタの傑作ロードムービー

    WILD HOGS/団塊ボーイズ [Blu-ray]

    タイトルWILD HOGS/団塊ボーイズ
    公開:2008年
    監督ウォルト・ベッカー
    製作総指揮:シャーラ・サンプター・ブリジット、エイミー・セイアーズ
    脚本:ブラッド・コープランド
    ジャンル:コメディ、ロードムービー
    出演ティム・アレンジョン・トラボルタマーティン・ローレンスウィリアム・H・メイシー
    上映時間99分



    内容:オハイオ州シンシナティに住む、立派な仕事と家庭を持ちながらもストレスを溜め込む歯科医ダグ(ティム・アレン)、小説家の夢を持ち妻の尻に敷かれる配管工ボビー(マーティン・ローレンス)、恋愛とは無縁のパソコンおたくダドリー(ウィリアム・H・メイシー)、自己破産した挙句妻にも逃げられた元実業家ウディ(ジョン・トラボルタ)。大学の同級生だった彼らは、いつも愛車のハーレーダビッドソンを乗り回していた。
    人生に行き詰った彼らはそんなある日、ウディの提案で、冴えない日常から逃れ、ハーレーに跨ってアメリカ横断3200キロの旅へ出ることに!

    感想:旅に出る前に携帯を投げ捨て、本格的に現実逃避する彼ら4人。色々バカをしたり、ヒーローになったり、ゲイに勘違いされたりと内容盛り沢山。4人の個性派俳優がはっちゃける様はそれだけでも十分面白い。
    本当に冴えない日常から逃れようとする中年男達の青春が、おもしろおかしく表現されておりあっという間の90分でした。
    関連記事

    雪蟷螂 その激情故に愛する者を喰らうという一族のとある恋。

    雪蟷螂 (電撃文庫)



     「その熱が命、その血こそがファルビエの宝である。
      生きて剣を持て、誇り高き雪蟷螂
      絶望にその血を凍らせてはならない」




    タイトル雪蟷螂
    出版社:アスキー・メディアワークス
    レーベル:電撃文庫
    原作:紅玉いづき(代表作:ミミズクと夜の王MAMA雪蟷螂
    イラスト:岩城拓郎
    ジャンル:ファンタジー

        生命の色は極彩である。
       雪国の女は古く、激情を持っている。
       剣の舞いは千変万化。
       その血は炎。
       果実よりも赤い唇は、舌なめずりがよく似合う。
       それは愛した男を喰らうという激情の一族。
       人々は彼女ら蛮族を蔑み、畏怖した。
       ―――曰く、雪蟷螂


    内容:涙も凍る冬の山脈に“雪蟷螂”の女が起つ。この婚礼に永遠の祝福を―。長きにわたって氷血戦争を続けていたフェルビエ族とミルデ族。その戦に終止符を打つため、ひとつの約束がなされた。それは、想い人を喰らう“雪蟷螂”とも言われるフェルビエ族の族長アルテシアと、永遠生を信仰するミルデ族長オウガとの政略結婚だった。しかし、その約束の儀は、世代を超えて交錯する人々の想いにより阻まれる。果たして、山脈の地に平和は訪れるのか。そして、極寒の地に舞う恋の行方は…。

    感想:この本の感想をどう言えば、伝えられるかよくわからない。今まで読んだ紅玉いづき作品の中で間違いなく一番好きな作品です。アルテシアとロージアは格好良い“ファルビエの女”だし、ルイは可愛いけどやっぱり“ファルビエの女”その心にはアルテシアに見劣りしない魅力があった。トーチカはもちろんオーガも“漢(おとこ)”だった。
    ミミズクと夜の王」「MAMA」の様な童話っぽさは少なく、一つのライトノベルとして成り立っている。
    この物語で語られる多くの愛や恋は激情そのもの。「その熱が命、その血こそがファルビエの宝」この言葉は本当にこの作品をよく表しており、この言葉は私の心に残り続けるでしょう。


    (追記)
    関連作品としてが「ミミズクと夜の王」「MAMA」が刊行されています。
    ミミズクと夜の王」記事はこちら
    MAMA」記事はこちら
    関連記事

    「刃牙」継続! 週刊少年チャンピオン39号 板垣恵介インタビューにて発表



    板垣恵介はインタビューにて、「刃牙の世界に出したいと思えるキャラクターが生まれたら再開する。ソノキャラクターは既に生まれつつある」と語った。
    新連載の「習志野第一空挺団」シリーズの新作が終わり次第再開されるかも。

    範馬刃牙」最終巻36巻は9月7日発売
    関連記事

    ハンターダーク 秋田禎信のニンジャ×ロボット×チャンバラで構成された500Pに及ぶアクション大作

      ハンターと闇の一党、その果て無き夢とは!?

    タイトルハンターダーク
    出版社TOブックス
    著者秋田禎信(代表作:「魔術士オーフェン」シリーズ、「エンジェル・ハウリング」シリーズ)
    イラスト田島昭宇
    ジャンルSF
    全1巻。

    内容:闇に閉ざされ、オイルの雨が降る法も秩序も無い地下世界。
    そこで目覚めた鋼の身体を持つ機械人「ザ・ハンター」には記憶が無かった。彼が理解しているのは、自らの名と、己が機能のみ。
    オイル切れを起こしかけたところを助けてくれた「ディバイダー」に誘われ、「ディバイダー」のアジトで出会った「早撃ちネイラー」、「鬼子のハンナ」、「無言のミュンヒハウゼン」ら4人と共に、闇の一党を名乗り、明かりを求め争いの絶えない地下世界を鎮める戦いを繰り広げることになる。その先に自分が求める答えがあると信じて。
    そんな最中、地下世界である噂が囁かれるようになる。それは、この世界に王国をもたらすという女神「ビューティグレイス」という機械人がいるとの噂であった。地下世界はこの「ビューティーグレイス」を巡りかつて無いほどの騒乱に飲み込まれようとしていた。

    感想:予備知識なしで読み始めたため、ロボットの話だとは思いませんでした。秋田禎信作品としては、読者層に合わせているのか「魔術士オーフェン」シリーズや「エンジェルハウリング」より、「カナスピカ」に近い書かれ方をしています。だた内容は、アクションなので、雰囲気は似ても似つきません。全編通して、ダークファンタジーの様相を保っており、常に地下世界の暗闇を意識させられる文章力はさすがでした。話としては完結していると言えば完結していますが、ひょっとしたら何時か続編が出るかもしれないという終わり方をします。詳しくはネタバレで。

    (以下ネタバレ反転)
    ハンター達は元は人間で、ロボットにされたものの欠陥品として地下へ廃棄された失敗作という真実があり、彼らを廃棄した地上世界の人間はハンター達のような廃棄ロボットを使いロボットを完全にコントロールする術を見つけようとしています。言わば、この地下世界自体が巨大な実験場。
    そこに機能テストのため送り込まれる「ビューティグレイス」「ルーラー」。地下世界監視のため派遣されている「ミラージュ」タイプのロボット達。物語はそんなロボット達との出会いで、地上の思惑にハンター達が徐々に気付き、対抗していくという内容。
    ラストは、俺達の戦いはこれからだ!と言った少年漫画の打ち切りのような終わり方をします。
    なので、完結しているとも言い切れないので中途半端感はありますが、これはこれでありだと思います。
    そういう訳で、「映画のラストはしっかり終わってほしい!」という人にはお勧めできません。

    関連記事

    タクティクスオウガ 運命の輪 ファンが待ち望んだオウガバトルサーガの傑作そのリメイク版

    アルティメット ヒッツ タクティクスオウガ 運命の輪    ー僕にその手を汚せというのかー

    タイトルタクティクスオウガ 運命の輪
    発売元スクウェア・エニックス
    機種PSP
    ジャンルS・RPG

    全てのタクティカルシュミレーションの祖。これが無ければ、後に大ヒットした「ファイナルファンタジータクティクス」は生まれなかった!


    注):動画はSFC版です。

    内容:オベロ海に浮かぶヴァレリア島。古来より海洋貿易の中継地として栄えたこの島では、その覇権を巡り、民族間で紛争が絶えなかった。そうした永い戦いに終止符を打った男がいた。後に覇王と呼ばれたドルガルアである。
    ドルガルア王は、民族間の対立を取り除く事に勤め、ヴァレリアは半世紀に渡り、栄えることとなる。
    しかし王の死後、その後継を巡って貴族階級のバクラム人、人口の大半を占めるガルガスタン人、少数民族のウォルスタ人、三民族が覇権を争い、ヴァレリアは再び内乱状態に陥った。
    バクラ、ガルガスタンにより島が二分する形で一旦沈静化したかに見えた内乱だが、それがつかの間の静寂であることを知らぬ者はいなかった・・・。

    感想の詳細は↓で
    関連記事

    『ジョジョの奇妙な冒険』 10月よりTVアニメ放送開始!

    製作会社david production
    原作荒木飛呂彦(代表作:「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ)
    ジャンル:ジョジョ

    今回、アニメ化されるのは第一部!「ファントムブラッド」

    放送局:MBS,CBC,MX,東北放送,RKB,BS11
    ディレクター:津田尚克
    シリーズディレクター:鈴木健一
    ビジュアルディレクター:ソエジマヤスフミ
    シリーズ構成:小林靖子
    キャラクターデザイン・総作画監督:清水貴子


    気になるCASTは以下の通り!
    ジョナサン:興津和幸
    ディオ:子安武人
    ツェペリ:塩屋翼
    スピードワゴン:上田耀司
    エリナ:川澄綾子

    子安武人がディオ役という事で、当方としては、はじけた演技を期待したい!
    関連記事

    キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 原初のヒーロー誕生秘話



    タイトルキャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
    公開:2011年
    監督ジョー・ジョンストン(代表作:「ジュラシック・パーク 3」「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」)
    製作:ケヴィン・フェイグ、ルイス・デスポジート他
    脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
    原作:ジョー・サイモン、ジャック・カービー
    ジャンルアクション
    出演クリス・エヴァンスヘイリー・アトウェルトミー・リー・ジョーンズ
    上映時間124分

    内容:第二次世界大戦の最中、小柄で病弱だが愛国心は人一倍強いスティーブ(クリス・エヴァンス)は、何度も入隊テストに挑むも落ち続けていた。しかし彼にも、何度目かの入隊テストでスーパーソルジャー計画のメンバーであるアースキン博士と出会う事でチャンスが。訓練の末、見事スーパーソルジャーの被験者に選ばれる。実験は成功し、スティーブはまるで別人のように生まれ変わるが、実験に入り込んだナチスのスパイに博士は暗殺され、以降の計画は中止になってしまう。
    “スーパーソルジャーの軍隊”を欲していた米軍は、一人では役に立たないとしてスティーブを軍のマスコット“キャプテン・アメリカ”として戦争資金を得るための宣伝活動に駆り出す。そんなスティーブの元に前線で戦う親友がMIAになった事を知らされる。敵に捕まり捕虜になっているのではと考えたスティーブは、フィリップス大佐(トミー・リー・ジョーンズ)に捕虜の救出作戦を提案するも却下され、単身、敵の基地へと突入。
    真のヒーローへの道を歩み始める。

    感想:“キャプテン・アメリカ”としてマスコットをしている場面は、シュールで笑えます。それにしても「誰も殺したくない」と言っていたスティーブが“キャプテン・アメリカ”となって前線に立った途端、何の躊躇もなく銃や盾を使ってバカスカ殺しといて葛藤や後悔を抱くシーンがないのはさすがアメリカ(笑)。この辺は心理描写が欲しかったところ。「アイアンマン」の主人公トニー・スタックの父であるハワード・スタークの登場や、「アベンジャーズ」に繋がる「コズミック・キューブ」が出てきたりと仕掛けが施されているため、「アベンジャーズ」をまだ見ていない人は先にこの作品を見たほうがいいでしょう。
    関連記事

    バカが全裸でやってくる 小説は裸で書くものだ!!

    バカが全裸でやってくる (1) (カドカワコミックス・エース)


      「服は着るものではない。
      服は脱ぐものである。」



    タイトルバカが全裸でやってくる
    出版社角川書店(角川グループパブリッシング)
    作画井田ヒロト(代表作:「戦線スパイクヒルズ」「グラスホッパー」)
    原作入間人間(代表作:「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」「電波女と青春男」)
    ジャンルドラマコメディ
    掲載誌アルティマエース
    1巻以下続刊。

    内容:小説家を目指す僕は、努力を怠らず、幾度もの挑戦をし、自分が天才ではない事に苦悩していた。
    そんな折、大学の新歓コンパに参加すると、そこには天才女子大生作家“甲斐抄子”がいて、小説家になるための秘訣を聞こうとしたところ、バカが全裸でやってきて。気付けば、バカと同居する事に・・・。
    そのバカに書いていた小説を見られ、「お前なら小説家になれる」と言われ、僕が“甲斐抄子”に弟子入りしようとしたり、バカに進めらるままライトノベルの新人賞に応募したりしていくお話。
    入間人間原作の小説と小説家をめぐるほろ苦い青春ストーリー「バカが全裸でやってくる」のコミカライズ化。

    感想:バカの奇行が全裸で過ごす以外は、割とまともなせいか、甲斐抄子のこれぞ典型的“天狗”かつ“変人”と言わんばかりのキャラクター性のほうがインパクトで、バカを上回ってしまっているように思えてならない。僕は、悩みを持ちつつも夢を目指す若者でパッとしたところが無いし。
    この漫画の面白さは、キャラクターより話がどうなっていくかという展開にあると捉えます。
    キャラクターには残念ながら、魅力なし!
    関連記事

    宇宙兄弟 宇宙を目指す兄弟の物語

    宇宙兄弟(1) (モーニングKC)

     「ムッちゃん行かないの?」
     「行くよ。行ってやるよ!」




    タイトル宇宙兄弟
    出版社講談社
    著者小山宙哉(代表作:「宇宙兄弟」)
    ジャンルドラマ
    掲載誌モーニング
    1巻以下続刊。

    内容:2025年、自動車の設計をしていた南波ムッタは、弟の悪口を言った上司に頭突きをした事が原因で会社をクビに。その弟というのが、宇宙飛行士である南波ヒビト。ヒビトは、第1次月面長期滞在クルーのメンバーとして選ばれ栄光の道へ。ムッタは再就職に向けて就職活動を行うが、元上司の根回しによって自動車業界への復帰は困難を極めた。そんな時、ヒビトから過去に録音したテープを聞いてくれと言われ、聞いてみるとそこには、幼い日に交わした”一緒に宇宙に行くという約束の事”が録音されたいた。
    それを聞いたムッタは、諦めていた宇宙飛行士を目指しJAXAの試験を受ける事に。
    こうして、二人の“幼き日の夢”が実現へと動き出し始めた。

    感想作中のJAXAの試験がすごく面白い。
    実際に受けてみたい!と思わずにはおれません。それは置いといて、この漫画は、成長の物語です。
    多くの仲間と一緒に一歩一歩、夢に近づくムッタ。もちろんその途中で、夢破れる仲間も出てきます。
    ムッタとヒビト。その兄弟関係の描き方が上手い。展開が遅くなる時があるのが玉にキズ。

    追記:映画化、アニメ化されています。

    関連記事

    ヒミズ (監督:園子温 原作:古谷実)

    ヒミズ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

     「俺はたまたまクズ二人の間に生まれた!けど俺は違う!いいか見てろよ!俺はお前らとは違う!俺は必ず立派な大人になってやるからな!」




    タイトルヒミズ
    公開:2012年
    監督園子温(代表作「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」「恋の罪」)
    製作:梅川治男、山崎雅史
    脚本園子温
    原作古谷実
    ジャンルドラマ
    出演染谷将太二階堂ふみ渡辺哲でんでん窪塚洋介
    上映時間130分

    内容:平凡な生活を夢見る中学生・住田祐一(染谷将太)は、母子家庭で実家の貸しボート屋で暮らしていた。震災で家を失くし、その周りで暮らす夜野(渡辺哲)たちが暮らしていた。住田のクラスメイトの茶沢景子(二階堂ふみ)は、住田が好きでストーカー紛いの猛アタックをかける。疎まれながらも彼との距離を縮めていく茶沢。
    ところがある日、かつて蒸発した、酒に酔ってばかりの父親(光石研)が金をせびりに戻ってきて住田に暴力を振るう。ほどなく母親(渡辺真起子)も中年男と駆け落ち。住田は天涯孤独となってしまう。
    さらに、親がかつて行った借金600万の取り立てにヤクザ(でんでん)がやってきて住田に返済を迫り、暴力を振るう。住田に恩を感じていた夜野(渡辺哲)は、住田を救うべく、金策をはかり、テル彦(窪塚洋介)からもちかけられた”ヤバイ橋”を渡り、人を殺してしまう。
    そんな事とは知らず人生に絶望を感じていた住田の元に三度、父親が戻ってきて暴力を振るう。遂に忍耐力の限界を迎えた住田は、衝動のまま父親に暴力を振るい殺害してしまう。
    精神的に不安定になった住田は普通の人生を送ることを諦め、残りの人生を「オマケ」と考え「悪い奴」を殺す事と生きる目的を定める。

    感想園子温監督作品としては、おとなしめ。茶沢が無駄に明るく場を和ますが、基本アホなのがいい。
    一人の青少年の悩みや不安を”殺人”という手法を用いて描いた逸材だと思う。>」「冷たい熱帯魚」の時ほど、でんでんの演技力に凄みは無かったものの、「池袋ウエストゲートパーク」時のような窪塚洋介が再び見れたのは嬉しかった。
    関連記事

    DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION PvPシステム判明



    発売元バンダイナムコゲームス
    開発フロムソフトウェア
    機種PS3
    ジャンル:アクションRPG
    多人数オンラインプレイ対応予定

    DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION」の待望の新システムがドイツのイベントgamescom2012で判明。

    今回判明したのは、4人でのデスマッチ形式(要するに全員が敵)で戦う”試練の戦い”。
    制限時間は約10分ほどで、戦闘エリアは正方形の狭い場所。遮蔽物などもなくすぐに乱戦になるガチンコバトルになるとの事。リスポーンもあり、タイムオーバーまでにキル数を最も稼いだものが勝者となるシステム。

    また新規ビジュアルも公開されているので合わせて紹介します。
    関連記事

    極楽島殺人事件 



    タイトル極楽島殺人事件
    公開:2008年
    監督キム・ハンミン
    脚本キム・ハンミン
    ジャンルサスペンスミステリー
    出演パク・ヘイルパク・ソンミ
    上映時間112分

    内容:平和だけが取り柄の島で不可解な殺人事件が起きる。島民全員が容疑者であり次の被害者候補である中、島の外から捜査に来た刑事らは…。
    実話を元にしたミステリースリラー。

    感想以前こちらの記事で取上げた「君のナイフ」の作者である漫画家の小手川ゆあさんがtwitterで、賞賛されておられたのが、きっかけで観ました。
    普段、アジア映画は中国映画(ジャッキー・チェン関係)くらいしか見ないので、韓国モノは、ほぼこれが所見です。なので韓国映画がどういうものかという定義はわかりません。
    小手川ゆあさんは、よくtwitter上で韓国映画の感想を述べておられ、小手川ゆあ作品が好きな事と、ゆあさんがこの映画について、今までにないほどつぶやいていた事で俄然、興味が湧きました。
    結果から言うと面白かったです。ブラックユーモアもあり、テンポよく人が次々死んでいきますし、最後のオチは中々読むのが難しい展開。
    推理モノが好きな人や、変な奴らが出てくる作品が好きな人は楽しめます。
    ただし、オチについては人によっては、「それやっちゃ駄目でしょ!」と思います。私は思いました。
    関連記事

    ジオブリーダーズ GEOBREEDERS 伊藤明弘

    ジオブリーダーズ 1 (ヒットコミックス)   「俺は神楽を…辞めるんだーーーーっ!!」

    タイトルジオブリーダーズ
    出版社少年画報社
    著者伊藤明弘(代表作:「ジオブリーダーズ」「ワイルダネス」「ベル☆スタア強盗団」)
    ジャンルガンアクション
    掲載誌ヤングキングアワーズ
    1巻以下続刊。

    内容:昭和70年、綾金市。田波洋一は「神楽総合警備」に再就職する。妙齢の美人社員に囲まれ、給料もいい割のいい警備会社と聞いていたが、その実態は、人死にも出る、危険極まりない化け猫退治の専門会社だった。周囲の社員は一癖もふた癖もある人物ばかり。「こんな会社辞めてやる」と言いながらも、なんやかんやと仕事をこなしていく田波。そんな中、個別に活動的していた化け猫たちに組織的な活動が見え始める。その影には「黒猫」と呼ばれる化け猫がいた。「黒猫」は田波に目撃者として神楽に留まるよう告げる。
    そこに商売敵ともいえる「厚生省衛生二課”ハウンド”」も加わり人と化物の戦いは次第に加速する。

    「日本一薬莢の多い漫画」(コミック帯より)ここに開幕!

    感想:自称「紅の流れ星」とにかく銃を乱射するトリガー・ハッピー「梅崎 真紀」をはじめ、バタフライナイフと手榴弾を武器に戦うネガネっ娘の「桜木 高見」や、メリケンサックを用いた格闘戦のエキスパートにして守銭奴の「蘭東 栄子」。普段は寝ているか寝ぼけているかのどちらかだが、こと運転技術に関して右に出る者なしの「姫萩 夕」。容姿言動共に子供にしか見えない社長「菊島 雄佳」など魅力的なキャラばかり。
    5巻と6巻の間にOVA版のエピソード「ジオブリーダーズ 魍魎遊撃隊 File-X ちびねこ奪還 」があり、コミックのみしか読んでない人には、話に急に整合性がなくなったように感じ混乱します。私もその一人で、すぐには理解できず「あれ?」となりました。

    戦闘ヘリ、戦艦、PROWLERなど多くの兵器も登場、かつての日活映画のように飛び交う銃弾!そしてもちろん爆発
    特に6~7巻の「核奪還作戦」。8~9巻の「流れ星帰郷編」そして11~12巻の「神宮司重工攻防戦」は、色々な勢力が介入し、三つ巴、四つ巴の激しいバトルが繰り広げられ、見物です。

    正に映画のようなガンアクションが繰り広げられます。作者の伊藤明弘先生がジョン・ウー映画のファンという事もあり、そのへんの演出はさすがの一言。日本でも五本の指に入る上手さだと思います。

    関連記事

    新刊同時発売記念「志名坂高次と麻雀が打てる権」の獲得チャンス

    志名坂高次の代表作「凍牌 ~人柱篇~」「牌王伝説ライオン」の新刊同時発売を記念して、複製原画の展示やプレゼントが当たるフェアが行われます。
    応募の詳細は、新刊の帯に掲載されます。

           凍牌~人柱篇~ 3―麻雀死闘黙死譚 (ヤングチャンピオンコミックス)                   牌王伝説 ライオン 3 (近代麻雀コミックス)

    志名坂高次と麻雀が打てる権」は6名まで。
    麻雀漫画家の雀力がわかるチャンス!
    できれば、ハズレた人の為に動画中継していただきたいと思うのは私だけ?

    関連記事

    マイケル・J・フォックスがコメディで俳優業に本格復帰!

    映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのマーティ・マクフライ役で有名な俳優マイケル・J・フォックスが、2013年放送予定の新作コメディシリーズで俳優業に本格復帰するとの事です。
    コメディの内容は、マイケル自身の人生を題材にしているとの事で、内容にとても興味が沸きます。

    バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、27年が経った今でも色あせない名作中の名作。最近、TVで流れないのが残念でなりません。
    そんな「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の主役を演じていたマイケル・J・フォックスが、パーキンソン病に侵され闘病中と知った時は、本当にショックでした。
    心から、彼の活躍を応援したいと思います!
    関連記事

    人類は衰退しました (著:田中ロミオ イラスト:山﨑透→戸部淑)

    人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)   「にんげんさん、にんげんさん、お菓子あります?」

    タイトル人類は衰退しました
    出版社小学館
    レーベルガガガ文庫
    著者田中ロミオ(代表作:「人類は衰退しました」「CROSS†CHANNEL」)
    イラスト山﨑透戸部淑
    ジャンルファンタジー
    1巻以下続刊。

    内容:私達、人類が衰退して数世紀が経った世界で、妖精と人間の間に立つ調停官となった主人公の少女(わたし)と、新人類の「妖精さん」との交流を描いた物語。

    ゲームシナリオライターとして活躍する田中ロミオが、初めて手がけるライトノベルシリーズ!

    感想:ドラえもんもびっくりな妖精が作った不思議な道具に、主人公たちが翻弄される日常が垣間見えます。世界が崩壊しないのは、妖精さんの文明力が凄まじくても飽きっぽいからなのかそれとも、ファンタジー時空だからなのでしょうか。
    この世界には法則が存在しており、その地域にいる妖精の数が多いと面倒事に巻き込まれやすくなりますが、100%死ぬような状況にあっても助かります(数によりますがほぼ無傷で!)。しかし、妖精の数が少ないと、面倒に巻き込まれにくいかわり、100%死ぬような状況にあったら100%死にます。
    妖精さんは、お菓子があれば自然に増え、楽しい度が高い場所にも自然発生するという修正を持ち、電磁波を浴びると鬱状態になるという習性を持つおかしな種族。
    そのため、ページをめくるたびに何が起こるかわからない予測不能ファンタジーとなっています。何が起こるかワクワクできるという本の楽しみに、忠実なライトノベル

    Medeskiさん運営の『ナマクラ!Reviews』 と相互リンクさせていただく事になりました!

    ナマクラ!Reviewsでは、ライトベルや大衆小説のレビューがメインに掲載されており、その中でも特に受賞作に強く、2011年2月の開設以来、多くの作品をレビューされている目利きには、確かな信頼が置けます。
    また、作品毎にMedesukiさん独自の視点からの採点もなされておりそちらにも是非、ご注目


    ナマクラ!Reviewsで主に紹介されている受賞作。
    スニーカー大賞
    ファンタジア大賞
    スーパーダッシュ小説新人賞
    えんため大賞
    GA文庫大賞
    MF文庫Jライトノベル新人賞
    小学館ライトノベル大賞
    このライトノベルがすごい!
    日本ファンタジーノベル大賞
    本屋大賞

    Medeskiさん、これからよろしくお願い致します。(^^)
    関連記事

    キャタピラー (原作:村田真哉 作画:匣咲いすか)

    キャタピラー(1) (ヤングガンガンコミックス)

    タイトルキャタピラー
    出版社:スクウェア・エニックス
    原作村田真哉(代表作:「アラクニド」、「キャタピラー」、「ジャッカル」)
    作画匣咲いすか(代表作:キャタピラー
    掲載誌:ヤングガンガン
    1巻以下続刊

    内容:「アラクニド」作品内で、多くの蟲から最強の呼び声高い「芋蟲」の過去と誕生秘話。ここに開幕。

    感想:連載当初は、絵が安定してない印象でしたが、最近は段々安定してきた気がします。「アラクニド」から派生した外伝作品ですが、「アラクニド」にて「芋蟲」登場の際、「最強の蟲」として紹介されるあたり、只の外伝では終わらない気がします。時間軸としては、「アラクニド」本編の過去が舞台のようで、主に、「キャタピラー」こと芋蟲の過去についての物語となっており、「アラクニドで話題に上った藤井有栖を育てた殺し屋「蜘蛛」との対決も描かれています。

    (ネタバレ:反転)
    芋虫の姉が養護施設の職員に暴行を受けて死に、偶然その現場を目撃した芋虫がその場にいた全員を殺すといった場面が出てきますが、この暴行の内容が姉の首を絞めている職員を見たとうモノなんですよね。首を絞められている段階では、まだ生きており、死ぬ前に助けに入ったにもかかわらず、なぜ姉が死んだのか?その謎が非常に気になります。
    (ネタバレ終了)

    追記:スピンオフ元「アラクニド」の記事はこちら
    関連記事

    メタルギア ライジング リベンジェンス 発売日2013年2月21日に決定!

    メタルギア ライジング リベンジェンス プレミアムパッケージ(限定版) 数量限定特典 カスタマイズ用ボディ『サイボーグ忍者』ダウンロードコード 同梱

    発売元コナミデジタルエンタテインメント
    機種PS3,Xbox360
    ジャンルアクション



    内容:世界の民間軍事会社(PMC)を巻き込んだ「ガンズ オブ ザ パトリオット」事件(メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット)から3年後。戦争がビジネスとなった時代は終焉を迎えるかに思われたが、アメリカのサイボーグ技術の流出。戦場に新たな非対称性を生んだ。

     かつて“ジャック・ザ・リッパー”の名で怖れられた雷電は、現在はサイボーグとして民間軍事警備会社(PMSCs)“マヴェリック・セキュリティ・コンサルティング”に所属し、新興国での要人警護や国軍の訓練などを請け負うことで糊口を凌いでいた。しかし内戦を脱し復興を遂げたはずの国で、雷電達は多数のサイボーグを要するPMC“デスペラード・エンフォースメント”に襲撃を受け、復興の立役者である首相は死亡。敵の用心棒サムは雷電の剣が「快楽を怖れている」と指摘、雷電はサムに敗れ左目と左腕を失なってしまう。
     そんな雷電の元に、“デスペラード・エンフォースメント”が米ロの思惑が交錯するアブハジアにて首都を占拠したとの情報が入る。マヴェリック社代表ボリスは、ロシア連邦保安庁(FSB)からの根回しを受けて、首都奪還の業務を受注。新たなサイボーグとして再起動した雷電は、デスペラード社とサムへの雪辱戦に赴く事となる。
    関連記事

    CYNTHIA THE MISSION シンシア・ザ・ミッション

    CYNTHIA THE MISSION 1 (ZERO-SUM COMICS) ―師父。ようやく追いつきました…あなたの……最初の教えに―

    タイトルCYNTHIA THE MISSION
    出版社一迅社
    著者高遠るい(代表作:「CYNTHIA THE MISSION」「ミカるんX」)
    ジャンル格闘
    掲載誌:Comic REX
    全9巻。

    内容シンシア・ロウは、香港伍龍会に所属する暗殺者兼女子高生。ある任務で師父であるスターリング・キャラダインと戦い、初めて親しい人の命を奪ってしまう。
    そのことで殺すことへの迷いが生まれてしまい、迷いが消えぬうちに日本に派遣されるが、ほどなく日本支部は対抗組織の雇った「東日本で最高の成功率を誇る殺人代行業者」弑・四方犠(しい・よもぎ)により壊滅してしまう。組織より日本支部襲撃者の殺害を命じられた後日、編入した都立粟の花高校には、弑・四方犠の表の人格である高野果苗がいた。

    久我阿頼耶(くが あらや)は、幼稚園の時に同じ組の男子を殴り倒して以来、素手で相手を殴り倒す快感に目覚め、高校生になった今では、常勝不敗のストリートファイター「喧嘩場長」として恐れられていた。しかし、そんな彼女の前に恨みを抱いた者達が連れてきたボクサーの島原カルロスに手痛い敗北を喫してしまう。その悔しさから島原へ再戦を申し込むため都立粟の花高校へ。偶然出会ったシンシアにボクシング部への案内を頼む。実はこの島原こそが幼稚園の時に、阿頼耶が殴り倒した男子だった。今まさに互いのプライドを賭けた勝負が始まろうとしていた。

    清水ほたるは、視線によって相手を操る紫水流眩術にて、「破心眼」とまで呼ばれるほどの眩術の天才。14歳の時、殺された兄の仇を討つために紫水流を使い、第三者の手で仇を殺し、自供。自供により警察に捕まるも、動機を話すだけ話して、紫水流を駆使して脱走。現在は、都立粟の花高校にて教師をしていた。

    これは、シンシアを中心に繰り広げられる、そんな彼女達の数奇な運命の物語である。

    感想:1巻は、主要キャラの個別エピソードで構成されており、物語は2巻から本格化します。格闘マンガだが、群像劇としての要素が強く、6巻は丸々一冊が、島原カルロスと清水ほたるが主役になった番外編で構成されていたりする。全体の雰囲気は板垣恵介バキシリーズに近く、バキのような格闘マンガが好きな人にはかなりオススメです。全9巻で第一部完となっており、第二部の連載の発表はないままですが、未完というわけではありません。しっかりと一つの話として完結しています。

    追記:また、このマンガのキャラが、出版社の垣根を超えミカるんXにこのマンガとは全く別の平行世界の住人として多数登場しています。(例:主人公である南るんなの母は中塚侑実子、父は清水ほたるの兄といったとんでも設定)という事もあり、ミカるんXの最終回後、「チャンピオンRED」にて『V2 ~Voyagers' Visit~(ブイツー ヴォイジャーズ・ビジット)』という、ミカるんXのキャラ達が「シンシア・ザ・ミッション」の世界にやってきて、クロスオーバーするとう展開の読切が掲載された。

    関連記事

    カレンダー
    07 | 2012/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    月別アーカイブ
    プロフィール

    無様な愚か者

    Author:無様な愚か者
    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載してます!

    リンク、コメント、トラックバック大歓迎♪
    相互リンクも随時受付中!


    カテゴリ以外からも、各記事のタグから関連情報が閲覧できますのでぜひ御活用を!
    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元にこんなURLにしました(笑)

    Twitter
    ピックアップゲーム
    ピックアップDVD
    ピックアップBOOK


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。