おもしろマンガアニメゲーム映画情報サイト

    マンガをメインに小説・ゲーム・映画・アニメなどの情報やレビューを個人的感想まじえながら紹介。基本ネタバレなし。ネタバレになる部分は白文字で書いてます。                        ちなみにタイトルの“おもしろ”部分はこのサイトが面白いという意味ではなく、面白いと思ったものを紹介していくという意味ですのであしからず♪(たまに例外アリ)
    最新ニュース
    月別アーカイブ  [ 2012年07月 ] 

    ≪ 前月 |  2012年07月  | 翌月 ≫

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [タグ未指定]
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    グラディエーター かつて将軍だった一人の剣闘士の戦い・・・

    グラディエーター [Blu-ray] ――この世は、塵と影だ―― プロキシモ

    タイトルグラディエーター
    公開:2000年
    監督リドリー・スコット
    脚本:デヴィッド・フランゾーニ、ジョン・ローガン、ウィリアム・ニコルソン
    出演ラッセル・クロウホアキン・フェニックスコニー・ニールセン
    ジャンル歴史、ドラマ
    上映時間:155分

    内容:帝政ローマ時代中期が舞台。ローマ軍将軍マキシマス(ラッセル・クロウ)は第16代皇帝アウレリウス(リチャード・ハリス)と皇太子コモドゥス(ホアキン・フェニックス)の確執に巻き込まれ、コモドゥスの手により家族を失い、自らも奴隷に身分を落とし剣闘士(グラディエーター)となる。マキシマスはコモドゥスへの復讐を誓い、プロキシモ(オリヴァー・リード)率いる剣闘士団の一員としてローマ文化の象徴の一つである円形闘技場コロッセオでグラディエーターとして名を上げていく。

    第73回アカデミー賞作品賞
    第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞



    感想:映像美の高さは目を見張るものがある。一つ一つの戦いが丁寧に描かれており、ドラマ性も申し分ない。ラストも完璧と言う事なしの作品。なんだけど・・・この映画といえば、やっぱりラッセル・クロウの鼻水でしょう!あれがなくては語れません。良いシーンだっただけに、気になってしょうがなかった。でもそこはさすがラッセル・クロウ!そこの演技も完璧でした。

    関連記事
    スポンサーサイト

    百姓貴族 |荒川弘の過去が暴露されるエッセイ漫画

    百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス) 『働かざるもの食うべからず。ああっ百姓貴族!』




    タイトル百姓貴族
    出版社新書館
    著者荒川弘(代表作:鋼の錬金術師銀の匙
    ジャンルエッセイドキュメントコメディ
    1巻以下続刊。

    内容荒川弘北海道で酪農と農場を営む家庭に生まれてから、マンガ家になるまでの農業実体験を描いたエッセイ漫画。笑いあり、涙あり、ノンフィクションだからこその面白さがここにある!

    感想脱サラして農業やろう♪とか考えているヤツは、まず先にこれを読め!
    とかイナゴとかじゃがいもとか自然を相手に生活することの大変さがよくわかります。
    銀の匙と一緒に読むと、面白さ倍増!

    銀の匙 |農業高校の実態を描く青春コメディ

    銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)  農業高校生の、汗と涙と泥まみれの酪農青春グラフィティ!!

    タイトル銀の匙
    出版社小学館
    著者荒川弘(代表作:鋼の錬金術師銀の匙

    ジャンル:農業高校コメディ
    掲載誌週刊少年サンデー
    1巻以下続刊。

    内容:名高い中学出身でありながら、低偏差値校である大蝦夷農業高等学校に訳あって入学した八軒勇吾は、他のエゾノー生徒たちの多くが明確に将来の夢を持つ中、1人だけ何も夢を持っていないことに焦りを感じ始める。高校としては日本一の広大な敷地面積を持ち、動物と自然に囲まれ、1年生の間は全寮制という慣習を持つエゾノーでは、八軒にとって刺激的な毎日が待っていた!!!

    感想飼育してる豚に豚丼と名付け育てた末においしく頂いたり、部活で馬術競技をしたりネタには事欠かない農業高校を舞台に八軒が一喜一憂する姿が面白い。また、御影アキや駒場一郎などとの交流や授業を通じて目に見えて成長していく姿も見所です。農業高校に入った事もない人や、農業に従事した事ない人には新鮮な事この上なく楽しめます。
    ですが、百姓貴族のほうが好きです。
    進路に悩む中学生はこれを読んで、農家を目指そう!(笑)
    百姓貴族と一緒に読むと、面白さ倍増!

    関連記事

    まじん☆プラナ |ハーレム4コマ漫画の王道

    まじん☆プラナ (1) (まんがタイムKRコミックス)

    タイトルまじん☆プラナ
    出版社芳文社
    著者Nino(代表作:まじん☆プラナ
    ジャンルファンタジーコメディ4コマ
    掲載誌まんがタイムきららキャラット
    1巻以下続刊。

    内容:収集癖のある少年、有人がある日拾ったランプを開けると中から生命の魔人プラナが飛び出してきた。願い事を3つ叶えてくれるという彼女だが、いざ、有人が願い事を言うと、出てきたときのショックで魔法の使い方を忘れてしまったというダメっぷりを発揮。願い事を叶えるまでランプの中に帰れないプラナは有人の家に居候することに。

    感想やたらとヒロインの多いハーレムもの4コマ漫画。面白いというより、楽しいマンガです。昨今の4コマ漫画にありがちな起承転結がない事もご愛嬌!所謂、萌え系のため絵柄はかわいいです。キャラクターを愛でる事で楽しみましょう。

    関連記事

    青空に遠く酒浸り 安永航一郎が描く青空の下を踊る変態達!

    青空にとおく酒浸り 5(リュウコミックス) 「変態たちの悪ノリについてこいっ!!いや、ついてきてください。」

    タイトル青空に遠く酒浸り
    出版社徳間書店
    著者安永航一郎(代表作:県立地球防衛軍火星人刑事
    ジャンルSFコメディ
    掲載誌comicリュウ
    1巻以下続刊。

    内容:4歳の夏、炎天下の駐車場で車内に閉じ込められ生死の渕にあった判崎小朝は、通りすがりの謎の科学者により「何か」を注射され一命を取り留める。それから9年後、中学生になった小朝は、同じ「何か」を注入された女子高生、石野篠に出会う。
    その驚異的な身体能力で無頼のかぎりをつくすオヤジとか、不幸だけど自分的には幸せな少女とか、お父さんがものすごい変身を遂げてしまう家族とか、まぁ一筋縄では語りつくせない人物が登場し錯綜・迷走しまくる物語!


    感想変態そのもののオヤジをはじめ、何かしらおかしな登場人物が縦横無尽に暴れまくるマンガ。コメディなんだけど実は、女学生が生き残りを賭けて戦うサバイバルマンガでもある。
    う~ん結局コレってジャンルとしては何が正しいんだろう?そんなマンガです。
    キャラの線が細く、かわいいのが特徴だけど、基本的なネタはキャッチフレーズ通り、いやらしい意味じゃなくとも変態が多い。

    関連記事

    TIME タイム (監督:アンドリュー・ニコル)



    公開:2011年
    監督アンドリュー・ニコル
    出演ジャスティン・ティンバーレイクアマンダ・サイフリッド
    ジャンルSF
    上映時間:109分



    内容:人類は遺伝子操作で25歳から年を取らなくなることが可能になった近未来。時間が通貨となり、人々は自分の時間で日常品から贅沢品まで購入することとなった新たな時代。富裕層の人々は、すなわち時間を十分に持っている者達は永遠に生きることができる一方で、貧困層の人々は死から逃れるために働き、時間を時間銀行から利子付きで借りるといった格差社会であった。人によっては他の人から時間を奪い、生活していく者も。左腕に光る時間表示が0になるとき、人は命を落とす。一秒一秒が無駄にできなくなった世界で、ある日貧乏な男ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)がひとりの男から117年もの時間を譲り受け、その時間を使って富裕層が暮らす地域に潜入する。そして次第にこの時間に支配された世界の謎に迫る事に。

    感想:斬新な設定で話題になった映画だけに期待値は高かったのですが、身も蓋もない事を言えば、お金の代わりに時間を盗む銀行強盗のお話です。銀行強盗のお話が好きなら楽しめます。設定に期待している方は覚悟の上でご覧ください。


    関連記事

    君のナイフ (作:小手川ゆあ)

    君のナイフ 1 (ジャンプコミックスデラックス)

    タイトル君のナイフ
    出版社集英社
    著者小手川ゆあ(代表作:「おっとり捜査」「死刑囚042」「君のナイフ」)
    ジャンルサスペンス
    掲載誌グランドジャンプPREMIUM
    1巻以下続刊。

    内容:病気の姉を持つ高校教師の志貴は、ある日バーで知り合った女から、「金のためなら人を殺せるか?」と聞かれ、志貴は「悪人ならば殺せるかもしれない」と答えた。その上で、女から一回500万円で悪人を殺さないかと持ちかけられる。病気の姉のため金が必要な志貴は、半信半疑のまま承諾。後日連絡すると言われ、女と別れた。数日後、本当に連絡がありナイフを手渡され、相棒を紹介され、ターゲットの説明を聞かされる志貴。現実感が持てないまま、動き出す殺人計画。既に、彼の日常は後戻り出来ないものへと着実に変わり始めていた。

    感想:普通の人が殺人という犯罪を犯し、捕まるかも知れないという不安と戦いながらも、愛する人のため、手を汚し続け、良心と恐怖の狭間で葛藤しながらも、前へと進んでいく物語になっており、警察の追跡や、殺した相手の身内からの復讐などに晒されながらも日常を守ろうとする志貴。しかし、次第に限界がやってきて徐々に崩れだす日常がよく描かれています。「おっとり捜査」好きの方はハマると思います。



    関連記事

    それでも町は廻っている |石黒正数が描く日常漫画の最高峰

    それでも町は廻っている コミック 1-10巻 セット (ヤングキングコミックス)

    タイトルそれでも町は廻っている
    出版社少年画報社
    著者石黒正数(代表作:「それでも町は廻っている」「木曜日のフルット」)
    ジャンル:日常コメディ
    掲載誌ヤングキングアワーズ
    1巻以下続刊。

    内容:嵐山歩鳥は、近所の丸子商店街のにわかメイドカフェ「シーサイド」で、アルバイトをしている女子高校生。店長の磯端ウキが話題に乗っかって喫茶店を無理矢理メイドカフェに変えてしまったため、をはじめ関係者全員がメイドカフェがどういったものか理解しておらず、経営方針に困っていた。そんな中、歩鳥の親友である辰野俊子(通称:たっつん)がやってきてメイドの何たるかをシーサイドの面々に叩き込もうとするが・・・。

    感想:嵐山歩鳥の周りでは、いつもいろんな出来事が起こり、笑いあり、恋あり、推理ありの日常が楽しめます。構成は、「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」のように基本一話完結。そのためか連載順序は時系列に沿っておらず、話によっては紺双葉が卒業していたり、歩鳥の髪が短かったり、長かったりするなどの変化があったりなど。他にも、たった一度だけしかも、1コマだけ通行人として登場した人物が後に再登場したりなど背景にも目が離せず、読み応えも大きい。タヌキみたいな犬「ジョセフィーヌ」の一人語りが最高です!

    関連記事

    無限の住人 激動の時代、悠久を生き”百人斬り”と呼ばれた一人の剣客がいた。

    無限の住人(28) (アフタヌーンKC)

    タイトル:無限の住人
    出版社講談社
    著者沙村広明(代表作:「無限の住人」「ハルシオン・ランチ」)
    ジャンル時代劇サムライアクション
    掲載誌アフタヌーン
    全30巻。

    内容:天津影久率いる逸刀流に、無天一流の両親を殺された凛が、仇討ちを誓い、最強の用心棒を探す中、「百人斬り」の異名を持つ万次と出会う。万次は凛にかつて、「不死」の身でありながら救ける事の出来なかった妹の面影を見て、用心棒になる事を承諾。
    かくして「不死身の男」万次と、一人一人が常識外れの戦闘力を持つ逸刀流との戦いが幕を開ける。果たして凛は無事、仇を討てるのか?

    感想:凄まじいまでの使い手だらけの逸刀流に苦戦をしいられながらも「不死」と経験を活用し、辛くも勝利を収め、着実に天津影久へと迫る二人の旅路は見所だらけ。逸刀流の乙橘槇絵の流麗かつ苛烈な舞うように戦う様や、無骸流頭目である吐鉤群の純粋な鍛錬による強さや凄みなどが楽しめます。また、画力もあり、アニメ「サムライチャンプルー」の演出や臨場感をそのまま漫画にしたかのようです。時代劇が好きな人も、アクションが好きな人も、「バガボンド」とはまた違った味のあるこの作品ぜひご賞味ください!


    関連記事

    戦火の馬 (監督:スティーヴン・スピルバーグ)



    公開:2011年
    監督スティーヴン・スピルバーグ
    脚本:リー・ホール、リチャード・カーティス
    出演ジェレミー・アーヴァインエミリー・ワトソン
    ジャンルドラマ
    上映時間:147分



    内容:第1次大戦の最中、農家の少年アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)は苦楽を共にしていた農耕馬ジョーイを軍馬として騎馬隊に徴用されてしまう。フランスの戦地に行くことになったジョーイを探すため、アルバートは徴兵年齢に満たないにもかかわらず軍に入隊し、激戦下のフランスへと向かう事になる。果たして彼らは再会できるのか。

    感想:人間と動物の友情を描いた作品は数多いが、戦時下の友情となれば珍しい。そんな物珍しさと動物好きな事から、観ました。ちょいちょい話の流れや演出に違和感を感じますが、馬や友情、戦争物が好きなら楽しめます。


    関連記事

    座敷女 (作:望月峯太郎)

    座敷女 (KCデラックス (412))

    タイトル座敷女
    出版社講談社
    著者:望月峯太郎(代表作:「万祝」「ドラゴンヘッド」)
    ジャンルホラー都市伝説
    掲載誌ヤングマガジン
    全1巻。

    内容:ある日の深夜に隣室のドアがしつこくノックされている事に気付いた大学生の森ひろしは、隣室のドアの前を見るとロングコートの大女が立っており、「山本くん開けてよ」と言っていた。迷惑さと親切心から、留守にしてる事を教えたところ、その女は翌日から、ひろしのドアをノックし始めるようになり・・・。
    果たして大女サチコの目的とは?そして正体とは?

    感想:目的不明で得体の知れないサチコにストーカーのように付け回される恐怖を描いたホラー作品。段々とサチコの異常な行動はエスカレートしていき、ラストは衝撃的です。
    初めて読んだ時、夜という事もあって、背筋がゾクッとしました。怖い話が好きな人も嫌いな人も万人にお勧めのホラーです。


    関連記事

    凍牌 裏レート麻雀闘牌録 「氷のK」と呼ばれる雀士の伝説

    凍牌 1 (ヤングチャンピオンコミックス)  「震えているよ?」

    タイトル凍牌
    出版社秋田書店
    著者志名坂高次(代表作:「凍牌」「牌王伝説ライオン」)
    ジャンル麻雀
    掲載誌ヤングチャンピオン
    全12巻。

    内容:裏レートの雀荘を荒らし回る男がおり、曰く「その男、冷静沈着、冷徹な思考の持ち主。まるで氷のよう」と囁かれ、他にも少女を飼っているとの噂まである”氷のK”と呼ばれる雀士がいた。そんな彼が、次第に暴力団の代打ちとして活躍するようになり、遂には表の世界にまで進出する。

    感想:大きく分けてアミナとの出会いを描いた少女地獄編、名簿を巡る争いを描いた竜凰位戦死闘編で構成されており、多種多様なルールや、金だけでなく体の一部や時には命そのものを賭けた勝負の連続。相手は実力はもちろんイカサマの腕もプロ級の猛者ばかり。例えば、波に乗って相手を一気に押し殺す強さから”ライオン”と呼ばれる確固たる実力を持つ”堂嶋”や相手の心理を読む異常な洞察力を持つアイ。生きた不敗伝説 大辻など。
    曲者揃いの雀士の戦いが見れます。
    最初はKの決めセリフ「凍死」「震えているよ」ウザッ!と思い、これさえなければなあと、思っていたら巻を増す毎に言わなくなったので、編集のテコ入れでもあったのでしょうか?おかげで純粋に面白くなりました。また続編として、「凍牌 ~人柱篇~」があります。

    関連記事

    魔術士オーフェンはぐれ旅 新シリーズ (作:秋田禎信)

    魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【通常版】魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場【初回限定版】  「我は放つ、光の白刃!」

    出版社TOブックス
    著作秋田禎信(代表作:「魔術士オーフェン」シリーズ、「エンジェル・ハウリング」)
    イラスト草河遊也
    ジャンルファンタジー
    「魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端」以下続刊

    内容:魔術士オーフェンはぐれ旅完結から20年後を描く新シリーズ。舞台もキエサルヒマから新大陸に移り、オーフェンにも妻の他3人の娘が。アイルマンカー結界を破壊し、魔王オーフェンと呼ばれる彼の明日には待つものとは・・・。

    感想:新大陸の開拓が一段落つくも、合いも変わらず、神人種族の侵攻や巨人化などの脅威により、常に滅亡の危機にさらされる人間種族。激動の開拓時代の中、新大陸の魔術士達は、キエサルヒマから送られてくる新大陸への侵略者や、≪牙の塔≫の魔術士、カーロッタ・マウセン率いる元キムラック教徒など、多くの対抗勢力を相手に四苦八苦する新大陸の魔術士達。
    そこはさすが秋田禎信と言うべきか設定がしっかりしていて大きな矛盾はないし、政治色が強く、オーフェンの行う政局が楽しめ、当時、旧シリーズを読んでいた現在の大人でも楽しめます。
    マジクやコルゴンなど旧作のキャラも登場!


    関連記事

    Ordinary± オーディナリープラスマイナス 的場伊万里はとても小柄な女子高生しかしその実態は・・・

    オーディナリー± (サンデーGXコミックス)

    タイトルOrdinary±
    出版社小学館
    著者高橋慶太郎(代表作:「ヨルムンガンド」「デストロ246」)
    ジャンルガンアクション
    全1巻

    内容:感情表現に乏しい的場伊万里は、学園でいつもいじめられていた。しかし彼女には暗殺者として教育された過去があり、仙崎時光の命令のもと、その小さな体躯で学園の平和を守るエージェントとして働く裏の顔があった。

    感想:「デストロ246」に登場する的場伊万里が主人公で、小柄な見た目からは想像できない圧倒的戦闘能力を持って、学園をあらゆる悪から守るお話。「ヨルムンガンド」とは一味違った高橋節が垣間見える作品。

    追記:ほとんど続編の「デストロ246」の記事はこちら


    関連記事

    ハチワンダイバー 81マスに潜る真剣師その名もハチワンダイバー!

    ハチワンダイバー 21 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 22 (ヤングジャンプコミックス)  「このマンガがすごい!」2008年版オトコ編1位!

    タイトルハチワンダイバー
    出版社集英社
    著者柴田ヨクサル(代表作:「ハチワンダイバー」「エアマスター」「谷仮面」)
    ジャンル:将棋
    掲載誌ヤングジャンプ
    1巻以下続刊。

    内容:菅田健太郎はプロ棋士を目指していたが、四段昇格ならずプロへの道を閉ざされ、素人相手に真剣をやって生活していたが、「アキバの受け師」と呼ばれるメイド姿の女にあっさり負けてしまいプライドを失う。これをきっかけに真剣師としての道を進む事を決意し、まずは「アキバの受け師」に勝つ事を目標とする菅田だが、次第にけ師に心惹かれ、いつしか謎の真剣師集団「鬼将会」との争いに巻き込まれていく。

    感想:作者の個性である他を圧倒する表現力は、近作でも顕在。
    前作「エアマスター」に出てきたジョンス・リーが将棋指しである事が発覚
    ジョンス・リーのかっこいいイメージをぶち壊してくれた。
    また、「谷仮面」「エアマスター」に続けて続投の”かなしいいろやねん”こと皆口由紀が登場などのうれしいサプライズも尽きない。
    雑誌で読む派の人には、各コミックスのおまけ書下ろしの短編もぜひ読んでほしい。

    関連記事

    DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION

     ―プレイヤーよ。人間性を捧げろ― 

    発売元バンダイナムコゲームス
    開発フロムソフトウェア
    機種:PS3
    ジャンル:アクションRPG
    多人数オンラインプレイ対応予定


    内容:中世ヨーロッパ風のダーク・ファンタジーを基礎に「王と騎士のハイ・ファンタジー」「混沌の炎」「死と地の底」を三大要素としたアクションRPG。シームレスで構成されたフィールドは美しいの一言。
    DARK SOULSに4体の新しいボスなどの追加要素を搭載。


    紹介文:前作で篝火を見つけるたびにほっと一息ついていたのは、まだ記憶に新しい。
    あらゆる仕掛けが施され、警戒するほど深みにはまるゲーム性を持ったDARK SOULSが帰ってくると聞いては放っておけない。釣り天井の罠、敵の待ち伏せ、落とし穴、ミミック、通常の武器では倒せない亡霊の襲撃、呪死など緊張感溢れるダークファンタジー再び。


    関連記事

    鉄拳タッグトーナメント2




    発売元バンダイナムコゲームス
    機種PS3,Xbox360
    ジャンル3D対戦格闘

    言わずと知れた鉄拳シリーズの最新作にして、約12年振りのタッグマッチバトル!
    鉄拳ファンもそれ以外も是非これを機会に家庭で迫力のバトルを体験しよう!
    従来のキャラはもちろん。数年振りに復活したキャラ(風間準やオーガなど)をあわせ使用可能キャラクターは50人以上!

    初回封入特典は追加キャラクターや追加ステージなど豪華特典目白押しと、開幕が待ち遠しい一本!

    鉄拳タッグトーナメント2公式サイトリンク


    TEKKEN CHANNEL(公式動画)



    関連記事

    アラクニド 蜘蛛のように獲物に集中し、蜘蛛のように敵を捕らえる

    アラクニド 1 (ガンガンコミックスJOKER)

    タイトルアラクニド
    出版社:スクウェア・エニックス
    原作村田真哉(代表作:「アラクニド」、「キャタピラー」、「ジャッカル」)
    作画いふじシンセン(代表作:「アラクニド」)
    掲載誌:ガンガンJOKER
    1巻以下続刊

    内容:保護者である叔父と暮らす藤井有栖は、毎日のように家庭内暴力と学校でのいじめを受けていた。そんなある日、叔父が蜘蛛と名乗る殺し屋に殺され、自分も殺されそうになる。「殺らないと殺られる」と思い、蜘蛛に抵抗。すると蜘蛛は有栖に殺し屋としての才能を感じ、命を助ける代わりに殺し屋になる事を命じる。
    その時を堺に彼女の日常は一変し、殺し屋となるための日常が始まった。

    感想:昆虫の名を持ちその虫の特性で殺しを生業とする殺し屋の<組織>と藤井有栖の戦いがメインだが、昆虫の知られざる生態を楽しみながら、知る事ができるのがこの漫画の良い所。
    登場する殺し屋としては、ヤンデレみたいな見た目の蜚蠊(ゴキブリ)や「可変ライダー」というヒーローに憧れるゲイの竈午(カマドウマ)、非常に腕力の強い兜虫(カブトムシ)など様々です。結構、「へぇ~」と思う事柄が多く、タメになります。

    追記:派生作品「キャタピラー」があります。記事はこちら

    関連記事

    血界戦線 (作:内藤泰弘)

    血界戦線 1 ―魔封街結社― (ジャンプコミックス)



      憎み給え。
     赦し給え。
     諦め給え。
     人界を守るために行う我が蛮行を。



    タイトル血界戦線
    出版社集英社
    著者内藤泰弘(代表作:「トライガン」シリーズ、「血界戦線」)
    ジャンルSFファンタジー
    掲載誌ジャンプSQ.19
    1巻以下続刊

    内容:異界と融合したニューヨークで、いつ破れるとも知れぬ世界の均衡を守るため戦う、クラウス率いる秘密結社「ライブラ」の活躍を描いた作品。彼らの最大の敵は血界の眷属たる吸血鬼

    感想:「ライブラ」の一員にして「神の義眼」保持者であるレオナルド・ウォッチが基本的に語り手になっており、彼が「ライブラ」に加入するところから物語が始まります。基本的に一話完結。長くても前後編で終わるため、どこから読んでも支障はありません。なので、個人的にはこの記事を書いている時点で発売している中で一番好きな4巻の「拳客のエデン」をオススメです。あとは「ライブラ」メンバーのザップの大変「良い」キャラクターを見て楽しみましょう!



    関連記事

    スーパーカブ

     デリそば最速伝説!

    公開:2008年
    監督室賀厚
    脚本室賀厚、津村美智子、鮫島慎一
    出演斉藤慶太倉科カナ
    ジャンル:バイクアクション
    上映時間:80分



    内容:名の知れた走り屋(通称:ハマー)こと浜田武史(斉藤慶太)は峠でのレース中に白バイに追われ、事故を起こし捕まってしまう。バイクは取上げられ、海外に住む両親にが、父親の親友のそば屋でアルバイトをすることを命じられてしまう。ふて腐れながらもバイトをしていたある日、そば屋のガレージで、古びたスーパーカブを発見。暇つぶしがてら修理、チューンナンップをする事に。ある日、遠方への急な出前の依頼があり、武史は、店長を説得し、出前の時だけ、スーパーカブに乗る事を許される。そんな中、走り屋仲間がバイク泥棒をしているとの噂を聞いた武史は真実を確かめようと動き出す。


    感想:バイクに乗る人、バイクが好きな人ほどゲラゲラ笑える映画です。とにかく、ありえないスーパーカブの性能にツッコミどころ満載!

    関連記事

    EDEN ~It's an Endless World!~ (作:遠藤浩輝)

    EDEN(1) (アフタヌーンKC)




     ―僕は世界の一部でありたい。
      壊れてちらばってしまいたくない。―



    タイトルEDEN ~It's an Endless World!~
    出版社講談社
    著者遠藤浩輝(代表作:「EDEN ~It's an Endless World!~」「オールラウンダー廻」)
    ジャンル:SF・近未来
    掲載誌アフタヌーン
    全18巻。

    内容:クロージャー・ウイルスの大流行によって人類が危機に直面した世界。少年エノアと少女ハナはウイルスによる病魔に冒された末期状態の科学者レインと共に、3人で島暮らし。世界はもう、自分たちだけだと思っていた。そんな中、エノアはかつての研究所の倉庫でケルビムという頭部と体を分離された自律AI搭載の軍用ロボットを発見。彼を修理することに・・・。しかしある日、そんな彼らの元に絶滅したと思っていた外の人間。原父(プロパテール)を名乗る者達が軍用ヘリで上陸・・・。

    感想:何よりまずクロージャー・ウイルスがすごい。このウイルス、感染すると、身体が徐々に大理石のように硬質化し、代謝不能になった内臓や脳が壊死して液状化。それらを膿のように体中から吹き出しつつ、やがて死ぬというもの。この設定だけですごいと思うのに、実はこのクロージャー・ウイルス、このマンガには絶対に欠かせない存在で、単にEDENの世界を荒廃したものにするためにある訳ではなく、最後まで重要な要素となっている。他にも、それぞれの人物描写や、ドラマがすばらしく、エノアの息子エリヤ、傭兵のケンジ、天才ハッカーのソフィアなど様々な人物の視点から物語を楽しめるのがいい。群像劇好きにはたまりません。

    関連記事

    オールラウンダー廻 (作:遠藤浩輝)

    オールラウンダー廻 コミック 1-9巻 セット (イブニングKC)   「人は一人では強くなれない」

    タイトルオールラウンダー廻
    出版社講談社
    著者遠藤浩輝(代表作:「EDEN ~It's an Endless World!~」「オールラウンダー廻」)
    ジャンル:修斗格闘漫画
    掲載誌イブニング
    1巻以下続刊。

    内容:修斗を題材にした格闘漫画。かつて幼馴染の吹木喬と一緒に空手を習っていた高柳廻は、高校生になり、その経験から修斗を始める。半年後、半ば強引に出場が決まったアマチュア大会で、その大会で吹木喬に偶然再会。対戦することになり・・・。
    感想:試合や練習、恋愛を通して廻がどんどん強くなっていく様は必見。作者は、格闘技観戦を好む事もあり、描写も丁寧。試合の流れも本物の試合を観ているよう。格闘技が好きな人や、遠藤浩輝ファンにはたまらない充実さ。
    あ、可愛い女の子が好きな人にもオススメです。

    関連記事

    戯言シリーズ (作:西尾維新 イラスト:竹)

    クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)


     第23回メフィスト賞受賞!
     宝島社「このライトノベルがすごい!」2005年版第1位!

     「立てば嘘吐き、座れば詐欺師、歩く姿は詭道主義――」



     
    出版社講談社
    レーベル講談社ノベルス
    著作西尾維新(代表作:「戯言」シリーズ、「刀語」、「化物語」シリーズ)
    イラスト
    ジャンルミステリー
    クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い
    クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識
    クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子
    サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し
    サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄
    ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹
    ネコソギラジカル(上) 十三階段
    ネコソギラジカル(中) 赤き征裁 vs 橙なる種
    ネコソギラジカル(下) 青色サヴァンと戯言遣い
    の全9巻にて構成される。

    内容:本名不詳、自称戯言遣いのいーちゃんとその愉快な仲間達と、密室殺人事件や世界の終わりについての物語。

    感想:「クビキリサイクル」~「サイコロジカル」までは推理要素が強く、そのトリックはとても読み応えのある出来。しかし「ヒトクイマジカル」~「ネコソギラジカル」ではバトル要素が強くなり、代わりに推理要素が薄くなる。結果、作者が原作を担当するマンガ「めだかボックス」のような作風となっている。それにより、つまらなくなるという事はなく、作者の真骨頂たるキャラ同士の掛け合いは変わらず最後まで楽しめます。「化物語」シリーズ、「刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)」シリーズが好きな人はぜひ読んでみてください。



    関連記事

    ゾンビランド (ルーベン・フライシャー監督作品)

    ゾンビランド [Blu-ray] 「トゥインキーはどこだ!トゥインキーをよこせ!!」

    公開:2010年
    監督ルーベン・フライシャー
    脚本:レット・リース、ポール・ワーニック
    出演ウディ・ハレルソンジェシー・アイゼンバーグ
    ジャンルホラー
    上映時間:88分



    内容:謎のウィルスに感染した者が次々とゾンビとなり、地球はゾンビに埋め尽くされ、そんな中、アメリカを舞台にテキサス州ガーランドに住む大学生コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は「ゾンビの世界で生き残るための32のルール」を作り、両親のいるオハイオ州コロンバスを目指す旅の途中、屈強で抜群の射撃テクニックで、生き延びてきたワイルドな男タラハシー(ウディ・ハレルソン)と出会い、彼の車に同乗させてもらう。タラハシーは過去の辛い経験からゾンビを心底憎み、ゾンビ退治を楽しみながら好物の菓子トゥインキーを探していた。そんな二人の珍道中の行き着く先に待つものとは?

    感想:とにかく面白い。間違いなくゾンビ映画No.1。主要出演者はアカデミー賞ノミネート経験者だらけで、その演技にも是非注目してほしい。随所にブラックユーモアが散りばめられており、何度見ても楽しめる内容になっている。とある超有名俳優がゲスト出演しているのも見所の一つ。元々TVドラマ作品として製作されていた経緯もあり、続編はTVドラマでのシリーズ化を予定されているがぜひとも映画にて続編を作ってほしい!



    関連記事

    ヨルムンガンド 世界は少女の野望に飲み込まれていく・・・・

    ヨルムンガンド 1 (サンデーGXコミックス)

     ―五つの陸を食らい尽くし、三つの海を飲み干しても、
      空だけはどうすることもできない。
      翼も手も足もないこの身では。
      我は世界蛇。
      我が名はヨルムンガンド




    タイトルヨルムンガンド
    出版社小学館
    著者高橋慶太郎 (代表作:「ヨルムンガンド」「デストロ246」)
    ジャンルガンアクション
    掲載誌サンデーGX
    全11巻。

    内容サンデーGXにて連載されていた作品で、両親を殺した武器を憎むが、その頼もしさを知るために武器を手放せない少年兵ヨナと、武器商人を生業とするココ・ヘクマティアルの旅を描かれている。ココにはある野望があり、ヨナは次第にその野望に巻き込まれていく。彼らが旅の終わりに出す答えとは?

    感想:テンポの良いガンアクションと主人公以外にもスポットを当てた群像劇になっており、個々のキャラクターが生き生きとしているのが良い。1巻から展開が良く最後まで飽きません。伊藤明弘先生の「ワイルダネス」「ジオブリーダーズ」などが好きな人や広江礼威先生の「BLACK LAGOON」が好きな人には特にオススメです。



    ヨルムンガンド コミック 1-11巻 セット (サンデーGXコミックス)


    関連記事

    戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION

    戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION

    タイトル戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION
    機種PSP
    メーカー:セガ
    ジャンル:アクションSRPG

    戦場のヴァルキュリア3に追加要素を足したいわゆる完全版。

    ストーリー:ガリア公国と東ヨーロッパ帝国連合の戦争(戦場のヴァルキュリア)を別の視点から見た物語になっており、今作の主役は上官の不興を買い、名前を剥奪され懲罰部隊に送られ、懲罰部隊は通称ネームレスと呼ばれ、ここでは隊員は番号で呼ばれる事を知り、なんとか名前を取戻そうとするクルト・アーヴィング。
    そんな彼とネームレスの仲間達の交流と、決して歴史に残らない彼らの戦いを描いている。

    感想:「戦場のヴァルキュリア」「戦場のヴァルキュリア2」ともに未プレイでしたが、全く問題なく楽しめます。むしろ、シリーズ未プレイの人向けの入門作にいいかもしれません。
    戦闘はサクサク進むものの、プレイ時間は携帯ゲーム機にしては長めの100時間超。しかし、毎回違う敵の配置等はプレイヤーを飽きさせないための工夫がされいるため、物語が好きになれれば存分に楽しめます。

    戦場のヴァルキュリア3 EXTRA EDITION公式サイト


    関連記事

    素晴らしき哉、人生! 今こそ見直したいフランク・キャプラ監督作品

    素晴らしき哉、人生!【淀川長治解説映像付き】 [DVD]  クリスマスのプレゼントに最適の一本!

    タイトル素晴らしき哉、人生!
    公開:1946年
    監督フランク・キャプラ
    脚本フランク・キャプラ、フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット
    主演ジェームズ・ステュアート
    ジャンルドラマ
    上映時間:130分

    内容:真面目で優しいと評判のョージ・ベイリー(ジェームズ・ステュアート)が、クリスマスの日に起きた不運な出来事をきっかけに、橋から身投げしようとしたところを溺れている男を見つけ救助。

    助けた男は「自分は、まだ翼を持たない天使で、君を助ける事で翼を得る使命をうけている」という。

    ジョージは全く話を信じず、天使を頭のおかしな男だと思い、クリスマスだというのになんて最低な日だと、より一層落ち込み、「生まれて来なければよかった」という始末。見かねた天使は特別に「彼が生まれて来なかった世界」を見せる事で、彼がどれだけ素晴らしい人生を送ってきたかを理解させ、自殺を防ごうとする。

    余談ながら、1946年(第19回)のアカデミー賞では作品賞を含めた5部門にノミネートされるも受賞には至らなかったが、
    アメリカ映画協会が選ぶ「感動の映画ベスト100」…1位。
    同協会の「アメリカ映画ベスト100」…11位。

    の実績を持ち、今では名作の一つと言ってよい作品です。

    また、近年ではアメリカでは不朽の名作として毎年末にTV放映されており、今ではクリスマスの定番映画となり、アメリカで最も親しまれた作品。

    関連記事

    外天楼 雑多なビル群にまつわる人々の奇妙なつながり

    外天楼 (KCデラックス)   狙うは女神の棚一つ。

    タイトル外天楼
    出版社講談社
    著者石黒正数(代表作:「それでも町は廻っている」「木曜日のフルット」)
    ジャンル:奇想天外コメディ
    全1巻。

    内容:外天楼と呼ばれる建物にまつわるヘンな人々。エロ本を探す少年がいて、宇宙刑事がいて、ロボットがいて、殺人事件が起こって・・・?
    刑事の桜場冴子は自分勝手な推理と憶測で捜査を開始するも次第に真相へと迫る。つには外天楼に隠された驚愕の事実に辿り着く。そして事件の犯人とは・・・!!

    感想:なにが面白いって、学生がエロ本拾った事が巡り巡って、殺人事件に至るまでのテンポの良さと、物語に秘められた予想だにしない衝撃の事実。
    宇宙刑事やら科学者に俳優、サラリーマンなど個性豊かな登場人物達。非常に石黒正数らしい作品で、「それ町」や「木曜日のフルット」が好きな人にはオススメの一作です。
    ジャンルは、やっぱり推理かなあ? でもギャグといってもいいような・・・
    <以下ネタバレ反転>
    ラストシーンのアリオとキリエが死んで終わるシーンだけは味気なくて好きになれません。そこだけが残念です。
    <ネタバレ終了>

    icon
    <ブックオフオンライン>

    icon
    関連記事

    カレンダー
    07 | 2012/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    プロフィール

    無様な愚か者

    Author:無様な愚か者
    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載してます!

    リンク、コメント、トラックバック大歓迎♪
    相互リンクも随時受付中!


    カテゴリ以外からも、各記事のタグから関連情報が閲覧できますのでぜひ御活用を!
    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元にこんなURLにしました(笑)

    Twitter
    ピックアップゲーム
    ピックアップDVD
    ピックアップBOOK


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。