シクリカル銘柄(原油関連・運送関連)について ANA・JALは離着陸を繰り返す。JRは遅れてやってくる。

    全体相場記録
    02 /19 2021
    2020年3月、新型コロナ流行。
    その影響で世界的に飛行機が止まるなどの国内国外を問わず大規模な移動制限がかかりました。
    それらの影響により原油は2月末は1バレル=50ドル近くだったものが、3月9日に1バレル=30ドル割れ、4月2日は1バレル=21ドルを割り込みました。
    さらに4月20日にはニューヨーク市場のWTI原油先物価格で、一時、1バレル=マイナス40.32ドルまで下がり、マイナス37.63ドルで取引きを終えました。
    原油価格がマイナスになるのは1983年に原油が上場して以来、史上初の出来事だそうです。

    そして2021年2月19日11:54分現在、原油価格は1バレル=約58ドルほどとなっています。
    さて日本の主要な原油・運送関連銘柄は2020年3月~21/2/19現在でどうなったのでしょうか?

    まずは原油関連から見てみたいと思います。

    1605 国際帝石 原油・ガス開発生産国内最大手。政府が黄金株保有。豪州でLNG案件(イクシス)を操業。
    国際帝石202002~202102


    1662 石油資源開発 原油・ガス開発専業。国内の天然ガス田操業が基盤。
    石油資源開発202002~202102

    5019 出光興産 石油元売り2位。石油化学や原油・石炭開発も。昭和シェル石油と19年4月1日に経営統合。
    出光202002~202102

    5020 ENEOS 17年4月に東燃ゼネラルと経営統合、国内シェア5割の石油元売り首位。銅など非鉄事業兼営。
    ENEOS202002~202102

    5021 コスモエネルギー 石油元売り大手を傘下に置く持株会社。アブダビ政府系が筆頭株主で、上流の石油開発に強み。
    コスモ202002~202102

    続いて運送関連を陸運、海運、空輸、JRで見ていきます。 

    続きを読む

    スポンサーサイト



    2020年 コロナショック相場年間記録

    全体相場記録
    12 /31 2020
    2020年も終わったので年間通しての記録です。
    コロナショック直撃の2~3月については以前に取りまとめしてますので、改めて書いとく事といえば、結局2番底は来なかったことと、アメリカは強い!くらいです。
    あくまで自分が将来見直すときにパッと見やすいように各種データをまとめてるだけになります。

    データは折りたたみ。

    続きを読む

    2020年 新型コロナウイルスショック(暴落) 2020/2/25~3/19

    全体相場記録
    03 /19 2020
    コロナショックの本震についての記録です。
    前震については2020年2月初頭 新型コロナウイルスショック(急落)をご参照ください。

    ここでは世界情勢や個人投資家の動きと、私自身がどのように動いたか?に焦点をあててます。
    ※コロナの感染数や日経平均の推移等の各種データは《続きを読む》にて掲載。

    以下、日経平均の±は端数切捨てにて記載。
    2/25…日経平均は前日比-781円の下落。日銀700億円の買い。25日騰落レシオ70割れで個人の勝負買い。私は1銘柄買い。
    2/26…日経平均は前日比-179円の下落。日銀700億円の買い。私は1銘柄売り。
    2/27…日経平均は前日比-477円の下落。日銀700億円の買い。
    2/28…日経平均は前日比-805円の下落。日銀700億円の買い。私は3銘柄買い。

    3/2…日経平均は前日比+201円の上昇。日銀1,000億円の買い。
    3/3…日経平均は前日比-261円の下落。日経平均PBR1倍の20,750円が底値と見たリーマンショック生存組の個人が買い。
    3/4…日経平均は前日比+17円の上昇。
    3/5…日経平均は前日比+229円の上昇。
    3/6…日経平均は前日比-579円の下落。日銀1,000億円の買い。日経平均PBR0.99倍に。私は7銘柄売り。

    3/8…市場は休み。イタリアのミラノが閉鎖される。
    3/9…日経平均は前日比-1,050円の下落。日銀1,000億円の買い。原油急落。米国市場CB発動。
    3/10…日経平均は前日比+168円の上昇。日銀1,000億円の買い。
    3/11…日経平均は前日比-451円の下落。twitterから「おはぎゃあ」がなくなる。私は1銘柄買い
    3/12…日経平均は前日比-856円の下落。日銀1,000億円の買い。日経平均PBR0.89倍に。米国市場CB発動。
    3/13…日経平均は前日比-1,128円の下落。日銀1,000億円の買い。米国非常事態宣言。
    3/14…某投資家オープンチャットのオフ会。約50人が参加。
     挙手アンケートによると46人程が年初来マイナス(指数負け)との事だったが悲壮感ゼロ。
     2次会でも暴落は終わったという雰囲気が多数を占めていた。その様子を見て暴落は続く想定で行動する事を決定。

    3/16…日経平均は前日比-429円の下落。日銀会合が前倒し開催。G7緊急テレビ電話会議。
     フィリピン封鎖オカダマニラ営業停止。米国市場CB発動。NYがバーやレストランに閉鎖指示。25日騰落レシオが40.12に。
    3/17…日経平均は前日比+9円の上昇。日銀1,200億円の買い。フィリピン株式市場取引無期限停止処置。twitterが夜間に「アビガンがコロナに有効」を材料に楽観に傾く。私は1銘柄買い
    3/18…日経平均は前日比-284円の下落。遂に日経平均終値が17,000円を割る。私は2銘柄買い ダウが遂に19,898円に。
    3/19…日経平均は前日比-173円の下落。終値は16,552円。NY証券取引所が関係者コロナ感染で一時取引フロアを閉鎖23日から電子取引のみへの移行を表明。日銀2,004億円の買い。

    日経平均は2/21の終値23,386円が、3連休後の2/25の終値は22,605円。
    その後、3/19に一時は16,373円をつけ、終値は16,552円と2/21→3/19の約1ヶ月で-29.3%の大幅暴落となりました。

    続きを読む

    2020年2月初頭 新型コロナウイルスショック(急落)

    全体相場記録
    02 /14 2020
    新型コロナ(COVID19)によって市場に起きた2020/1/30~2020/2/7の急落相場の振り返り

    中国発症の新型コロナウイルスの感染拡大→武漢市閉鎖から端を発した市場の動きを振り返ります。
    新型コロナ感染者数
    一部抜粋のため実際には↑に載ってない他の国にも感染者はいるけど、新型コロナの死亡率は感染者全体の2%ほど。

    米国で2019年インフル猛威
    とのニュースもありインフルエンザの死亡者数は日本だけでも年間1,000人を超えるのだが、一大生産地である中国で起きたパンデミックである事+新型のウイルスである事+武漢市が閉鎖した事がニュースに大きく取り上げられた事で、各企業の業績悪化懸念が増大。市場は新型コロナに敏感な反応をしめしニュースとダンスを始めてしまう。

    NYダウは2020年1/21(火)から下降トレンド入り→1/31(金)に新型コロナショックにおいての最大の下げを記録。
    日経平均も1/21(火)から日経平均が下降トレンド入り。1/24(金)から騰落レシオもあわせて下降開始。
    日経平均は1/27(月)には終値で-483.67円(-2.0%)の下げを記録。
    1/30(木)には終値で-401.65 円(-1.7%)の下げを記録。
    2/3(月)にはNYダウの下げを引き継ぎ、一時-429.26円を記録するも終値は-233.24(-1%)にとどまる。
    ※この2/3(月)の最安値22,775.92円は直近での日経平均の年初来安値記録となり、年初来安値記録銘柄は122になった。

    続いてVIX恐怖指数について。
    米国VIX恐怖指数は1/23(木)に12.98だったが1/31(金)には18.84まで上昇した。
    日経VIX恐怖指数は1/24(金)に14.88だったが2/3(月)には19.98まで上昇した。

    が、2019年の5月、8月(どちらもトランプ大統領発言の貿易摩擦激化が懸念された事が主因)に比べると小規模な下落に留まった。

    2020/2/14(金)現在、日本国内でも死者がでるなど、まだ新型コロナ感染拡大は終息したわけではない状況。
    そのため各企業への業績や株価にさらに影響が出る可能性はあるが、コロナショックは地政学リスク的によってもたらされた2020年最初の買い場であった事は間違いないと思われる。

    それぞれのチャートは↓

    続きを読む

    2018年12月 クリスマスショック(急落)

    全体相場記録
    01 /14 2019
    2018/12/21~25 クリスマスショック 振り返り 2019/7/14執筆
    リーマンショック級の下げ幅を記録
    新安値記録件数もリーマンショック級
    ダウの下げ幅もえらい事にw

    起因はトランプ大統領のtwitterからFRB議長 解任の憶測が流れた事と言われている。
    個人的には米中貿易摩擦の影響も大きかったのでないかと推察。

    が、実際のデータを見る限りでは信用損の肥大化による投売りが原因と思われる。
    当然のように同時にVIXも大幅に上昇。

    その他の注目すべき点として10月に前兆とも思える急落が起きている。
    ※9月24日 - 米中が第3弾の関税措置を発動。

    ↓詳細データ

    続きを読む

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株式投資に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更しました。

    株式投資は長期投資(1年~5年保有)を主軸としていますが、短中期をやらないという訳でもないです。
    投資判断はファンダメンタルズ分析をメインにしてますがテクニカルもある程度は気にします。

    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。