トリニティ ジルオール ゼロに最近、ハマってます。

RPG・シュミレーション
09 /16 2014
トリニティ ジルオール ゼロ(通常版)

タイトルトリニティ ジルオール ゼロ
発売元:コーエー(光栄)
開発元:コーエー(光栄)
機種:PS3
ジャンル:アクション・RPG

内容:――「王の孫が王を殺す」。
必中の預言を告げると言われる宰相ゾフォルの予言を恐れたディンガル帝国
皇帝・バロルは、己が 孫を身ごもった娘を手にかける。
さらに父の凶行を止めようとした皇太子ルグさえも。
信望厚いルグの死に人々は涙したが、バロルの行動を阻める者はいなかった。

それから約20年の歳月が流れた。
バロル率いるディンガル帝国の勢威はいささかも衰えず、周囲の国々を圧倒していた。

そうした情勢下にあって、なお独立を保つ都市国家リベルダム。
皇太子ルグの息子にしてハーフエルフの息子・アレウスは、
この地で剣闘士として修行に励んでいたが、
師ダルキナの勧めで冒険者としての道を歩き出す。

冒険を進めるうち、アレウスは2人の仲間と出会う。
1人は陽気なボルダン族のダグザ。
1人は謎めいたダルケニス族のセレーネ。

はじめ成り行きでパーティを組んだ3人の前には、
避け得ぬ運命が待ち構えていた。


続きを読む

スポンサーサイト

DARK SOULSⅡ《ダークソウル2》はじめました。

RPG・シュミレーション
03 /16 2014
タイトルのとおり、DARK SOULSⅡはじめました。

↓コレですね♪
DARK SOULSⅡ

まだ、ボスを一体倒しただけですが、全体的にDARK SOULSよりも難易度が下がっているように感じます。
DARK SOULSの頃には、無かった要素や変わった要素がその主な要因だと思います。

でも、面白さはそんなに変わりません。
隠しアイテムや隠し通路や罠など、相変わらず“探求”の楽しさを追求できます。

ともかく、クリア目指して、心が折れないように頑張りたいと思います。

世界樹の迷宮 これって結局ファンタジーになった女神転生だよね。

RPG・シュミレーション
01 /31 2014
世界樹の迷宮(特典無し)

タイトル世界樹の迷宮
発売元アトラス
開発元アトラス
機種NDS
ジャンルダンジョンRPG

内容:「君は○○してもいいし、○○してもよい」。
RPGの原点である“冒険・探索する”楽しさを追求した“真・女神転生”シリーズでおなじみのアトラス作品。

強敵との戦闘の直前に必ず、セーブポイントがあったり、最初からダンジョンマップが表示されていたりと現代のRPGのお約束を捨て、FCSFCPS時代の昔ながらの懐かしいRPGの楽しさを表現した意欲作。

続きを読む

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち ドラクエVIから5年振りに発売された3Dへの転換点。

RPG・シュミレーション
11 /30 2013
ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

タイトルドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
発売元スクウェア・エニックス
開発元アルテピアッツァ
機種PS,3DS
ジャンルRPG

内容:物語のはじまりは、世界にたったひとつしかない島「エスタード島」から。
この島で暮らす主人公とその友達・キーファの日課は島の探検。
それがきっかけとなり、誰も見たことがない“新たな世界”への扉が開く!

たどり着いた見知らぬ世界では、エスタード島にはいなかったモンスターの姿が。
さらに、冒険で行きつく先にはさまざまな人物やダンジョン、そして強敵たちが主人公たちを待ち受けていた。

続きを読む

鬼武者Soul 最近ちょっとハマってるブラウザゲーム。

RPG・シュミレーション
11 /14 2013


タイトル
提供カプコン
ジャンル戦国コラボシュミレーション

ブラウザゲームです。カプコン公式から始める方法と、ハンゲームから始める方法があるみたいです。

始めるときに、コードの入力を求められると思うのですが、下記の8ケタのコードを入れて始めていただくと、
紹介した人、紹介された人双方が少しだけ良い思いができるみたいです。
よかったらどうぞ。
KG861670

で、肝心の内容ですが、詳しくはコチラを見てもらった方が早いとは思いますが、簡単に説明すると、城下町を作り、武将を集め、最強の部隊を作り、悪鬼を討伐したり、他の人が作った部隊と雌雄を削ったりするゲームです。
カードゲーム要素と、シュミレーション要素を上手く組み合わせてあり、結構楽しめます。

コラボも豊富で、「ヴァンパイア」シリーズのモリガンやリリス、「ストリートファイター」のリュウやケン、そして春香。
ほかにも「モンスターハンター カプコン」、「逆転裁判」、「戦国BASARA」など多くのカプコン作品のキャラクター達も登場します。

このゲームの面白いところは、城下町を自分好みに作成できる点と、課金しなくても課金アイテムが割と普通に手に入ること。そして、何よりも部隊の作成が楽しいです。武将の数からしてアホみたいに多いし、スキルやら、装備品やらのおかげで、部隊編成の組合せはもはや無限大。

大手ゲームメーカー・カプコンが運営しているだけあって、結構な充実っぷりがいいです。

ちょっとした暇つぶしに、最適なブラザゲームだと思います。通常のブラウザゲームと違い、スタミナが切れている状態でも遊べるようになってるのが、個人的に他のブラウザゲームより気に入った点でしょうか。

スマホやタブレットでもプレイできるし、本当に暇つぶしには良いゲームだと思います。

無様な愚か者

プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。
2016年末から株式投資はじめました。
ブログURL通り「死ぬまで負けてない」の精神で挑んでます。
趣味と株に時間を取られて更新滞りまくりだったため、2019年を目前に備忘録+レビューに掲載内容を変更。

株式投資の記録を載せますが、投資を推奨するものではありません。
あくまで自分のためだけに書いております。
ご承知の通り私は無様な愚か者です。
参考にされても構いませんが、損失を出されたとしても一切責任は取れません。
予め、ご了承ください。
くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いいたします。


URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元に決定したURLです