東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 仮面ライダー好きの話と思いきや、まさかの谷仮面⇒エアマスター世界の正統続編??

    小学館コミックス
    08 /17 2020


    タイトル東島丹三郎は仮面ライダーになりたい
    出版社:小学館
    作者:柴田ヨクサル(代表作:「ハチワンダイバー」「エアマスター」「谷仮面」「ブルーストライカー」)
    ジャンル:格闘・ストリートファイト・仮面ライダー
    掲載誌月刊ヒーローズ

    柴田ヨクサルと言えば、「エアマスター」、「ハチワンダイバー」ですよね?
    そして、これらの作品は「谷仮面」を起点として「谷仮面」⇒「エアマスター」⇒「ハチワンダイバー」⇒「ブルーストライカー」と同じ世界の話として継続展開は非公式の事実として知られています。(※作者による明言はされていないため)
    時系列に沿って、各マンガによって同一人物の年齢や取り巻く環境が変わっていくのも見所の一つとなってます。

    例えば「エアマスター」の相川摩季。
    エアマスター」では女子高生。「ハチワンダイバー」では肩書き??でしたが、「ブルーストライカー」では警察官として登場し、坂本ジュリエッタとの喧嘩まで披露されました。

    そして、この「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」ではなんと警察官⇒無職(懐かしい覆面姿)で登場します。

    エアマスター」ファンなら分かりますよね?

    そう、成り行きで崎山かおりと結成した《ファミレスラーズ》として、サンパギータ・カイ&早瀬実緒と激闘を繰り広げたあの時の覆面姿です。
    これを見ると「サッキヤマ!サッキヤマ!」と声が聞こえてきますよね!
    皆様の心にも居酒屋ボンバーは未だ熱い思い出として残っている事でしょう!
    え、忘れた? そんな人は今すぐ「エアマスター」8巻と9巻を読み直しましょう!
    そもそも、知らない人は「エアマスター」を全巻読みましょう!! 




    さて前置きがながくなりましたが、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」はそのタイトル通り、仮面ライダーに憧れる東島丹三郎が仮面ライダー目指して成り上がるサクセスストーリー?です。

    主人公の東島丹三郎がどれくらい仮面ライダーに憧れているかと言うと修行に明け暮れ、修行のしすぎで熊すら素手で倒してしまいますが、これだけじゃあ仮面ライダーになれないと嘆きながら暮らしているほどです。
    まるで「打倒 相川摩季!」を誓った北枝金次郎です。

    そんな丹三郎の前にショッカーを名乗る強盗、ストロンガーの相棒であるタックルに憧れる女教師や仮面ライダーV3に憧れを持つ熱いライバルなどが登場し、誰が本物か?を決めるガチンコバトル(ストリートファイト)が繰り広げたりします。
    が、特筆すべきは“本物のショッカー”も出てくることです。
    この展開、そこはかとなく「ブルーストライカー」との連動を感じませんか?
    もしかしたらもしかして…根津田の登場もありえるかもしれません。
    これはそんな柴田ヨクサルファンならば決して放って置けないマンガです。

    気になった人は百聞は一見にしかずといいますので、こちらのヒーローズ公式サイトにて1~3話までを読めますのでぜひ!
    スポンサーサイト



    異世界おじさん タイトルの損を表紙でカバーするもイマイチ世間に普及しない「異世界おじさん」を応援しています!

    角川書店コミックス
    07 /03 2020


    タイトル異世界おじさん
    出版社:KADOKAWA
    著者殆ど死んでいる(代表作:「異世界おじさん」)
    ジャンル:日常・セガ・ファンタジー
    掲載サイトComicWalker
    2020年7月現在は4巻まで発売中。

    今回紹介するのは、あの殆ど死んでいる先生(注:作者名です)異世界おじさんです!

    主人公の異世界おじさんは、一度、異世界「グランバハマル」に行って2017年の現代日本へ帰ってきたおじさんです。
    この物語はそんなおじさんが病院で目を覚ますところから始まります。
    おじさんは西暦2000年17歳にして異世界に飛ばされます。
    おじさんが異世界に行って帰って来るまでの間、日本ではおじさんは17歳の時にトラックに跳ねられ、その後17年間もの間ずっと昏睡状態になっていました。
    つまり異世界おじさんは17歳→34歳で日本に帰って来たタイムトラベラーでもあります。

    34歳なので、おじさんと言っても見た目はこんな感じです。
    左からノーマル、ハイテンションな時(主にセガが原因)、変身した時です。


    悲しい事におじさんは主役なのにまだコミックスの表紙になった事がありません。
    ※4巻の表紙はツンデレ(エルフ)さんに変身した時のおじさんですが、このverのおじさんの本編登場はたったの1回だけ!
    ノーマルおじさんが表紙にならないのは恐らくComicWalker編集部の陰謀でしょう。

    さて異世界おじさんの主な登場人物は、おじさんだけではありません!
    甥っ子のたかふみ、たかふみの幼馴染の澄夏。
    異世界おじさん2異世界おじさん4

    それと準レギュラー?のツンデレ(エルフ)さん、メイベルさん
    isekai6.jpgisekai7.jpg

    他にも最近、出番の増えてきた勇者一行など。
    isekai6_2020070315553601a.jpgisekai7_20200703155535ede.jpg


    こんな魅力的なキャラクター達で繰り広げられるストーリーとは!?
    早速この異世界おじさんとはどんな漫画なのかを紹介していきたいと思います。

    続きを読む

    漫画・小説の許せない話 途中から発行されなくなる紙版について

    マンガ
    03 /24 2020
    タイトル通りですが、ブルーストライカー(記事)という漫画で許せない事が起こりました。
    この漫画を紙版で集めており最終巻を探していたのですが、先日なんと最終巻は電子版のみの販売という事実が判明!

    なんじゃそりゃ!

    ことの発端は打切りなんですが…。
    そりゃあこれまでも集めていた漫画が打ち切りになった事は何度かありましたよ?
    打ち切り決定当初は、残念だなあ程度の感想でした。
    しかあああし!
    紙と電子で売っといて紙版の最終巻はゴメンってそれはないでしょ!
    単行本にできる分量があるのに単行本化されないなんて事態に遭遇したのはさすがに初めてです。
    注)繰り返しますが電子版は出版されました。

    面白い漫画ほど一気読みしたくなるものですよね?
    電子版は長時間読んでると目が痛くなるため、私の場合は購入候補となりません。
    年齢を重ねる毎にこの傾向は強まっており、電子版はどんどん辛くなってきてます。
    やはり紙版は至高(海原雄山)なのです! 注)個人の感想です。

    なぜ電子版だけ販売されたのか? についての解答は明確です。
    紙版で出版した場合、発行部数>売上部数となり発行コストがそのまま赤字になる。
    電子ならコストは最小限に抑えられ確実に利益が取れる。

    コスト回収できるほど人気がなかったのわかるよ!わかるんだけどさあ~~。
    そんな作品にもファンはいる訳ですよ!
    今回の行為はそんなファンへの裏切り以外の何物でもないよね?


    気になって他に同じ事例がないか調べて見たら結構あるようです。
    ↓は紙で連載してたのに途中から電子コミックのみ販売になっているためブルーストライカーよりもひでえ。

    ①買っていないけど雑誌で読んでたマンガだと
    琴ノ葉さんが恋してる サンデーGX(小学館)
    D・N・ANGEL 月刊ASUKA(角川書店)

    ② ①+紙で最終巻まで出てるけど、完結後に未収録の外伝やオマケを電子版のみで販売のあるマンガだと
    五佰年BOX イブニング(講談社)
    刻刻 モーニング(講談社)

    他にも知りたいって方は、これ電子書籍でしか販売されてないのか...っていう単行本の情報が参考になるかと。

    今回の事を教訓に私は今後一定の人気がない作品を買う事が減るでしょう。
    少なくとも1~5巻しかでてない段階で買う事はもうない。
    同じ目にあった人は、大体、同じ結論に辿り着くんじゃないのかなあと思う。
    出版業界は自ら出版不況を招いている気がするけどこれでいいの?

    ブルーストライカー エマスターのその後の時系列を描く実質的エアマスター2!

    講談社コミックス
    10 /24 2019


    タイトルブルーストライカー
    出版社:講談社
    作画:沢 真(代表作:「ブルーストライカー」)
    原作:柴田ヨクサル(代表作:「ブルーストライカー」「ハチワンダイバー」「エアマスター」「谷仮面」)
    ジャンル:格闘・ストリートファイト
    掲載誌:コミックDAYS
    全4巻(2019年10月時点での既刊3巻)

    谷仮面⇒エアマスター⇒ハチワンダイバーの時系列作品の最新作。
    作画は柴田ヨクサルではなく新進気鋭の沢 真。
    谷仮面⇒エアマスターに皆口由紀、久坂などが登場。
    エアマスター⇒ハチワンダイバーに皆口由紀、ジョンス・リーが登場の流れに漏れず、本作にもエアマスターから相川摩季、坂本ジュリエッタ、佐伯四郎、戸叶(スナイパー空手)が登場!

    本作はエアマスター完結からおおよそ20年後が舞台になってます。
    なんと言っても目玉はエアマスターに登場していた人物たちの登場です。
    相川摩季、坂本ジュリエッタは見た目あんまり変わってませんが、佐伯四郎はやはり老けてます。
    まあ佐伯四郎はエアマスター当事で35~38歳くらいだったですしね。
    だけど戸叶の老け方は半端ない!エアマスター当事で何歳の設定だったのだろう?

    第1話がこんな感じなんですが、これを読んでこの漫画がエアマスター関連だとわかった柴田ヨクサルファンはどのくらいいたでしょう。
    この時点ではストリートファイト、GPSマッチング形式という流れからエアマスターの深道ランキング編っぽい漫画だな~くらいの感想でした。
    そんな私がエアマスター関連と確信したのは戸叶登場の回でした。

    なので途中からはエアマスターの続編として楽しく読んでいたのですが、打ち切りになってしまいました。

    続きを読む

    二本松兄妹と木造渓谷の冒険 「プラネット・ウィズ」に触発されて久々の更新

    少年画報社コミックス
    08 /17 2018
    二本松兄妹と木造渓谷の冒険 少年画報社

    タイトル二本松兄妹と木造渓谷の冒険
    出版社:少年画報社
    著者水上悟志(代表作:「戦国妖狐」「惑星のさみだれ」「スピリットサークル」)
    ジャンル:SF・ファンタジー
    掲載誌:ヤングキングアワーズ
    全1巻。

    内容:二本松朱彦と雪緒の半火精と半氷精の怪異絡みの何でも屋兄妹あり。
    兄妹は偶然助けたねりねという座敷童から故郷“木造渓谷”を探し出すための護衛を依頼される。
    しかし、そこに立ちはだかるのは同じく座敷童捕獲のため“木造渓谷”を目指す県内最強の退魔師一族・零堂家。
    二本松兄妹とねりねは無事、“木造渓谷”へたどり着けるのか!?

    ↓感想は以下。

    続きを読む

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。