fc2ブログ

    ヒッツ 「ブルーストライカー」の柴田ヨクサル&沢真タッグ第2弾!

    小学館コミックス
    03 /15 2022


    出版社:小学館 
    作画:沢 真(代表作:「ブルーストライカー」「ヒッツ」)
    ジャンル:アクションSF 

    あらすじ:暗殺を生業にしている富田結途(トミタユズ)が一仕事終えたところ、育ての親から突如として伝えられたのは「試験が行われる」というものだった。
    その試験内容は 「今から会う奴を殺せ」というもの。
    「試験?今から?誰を?」と戸惑う結途の目の前に現れたのは、どこからどう見ても「自分」で…

    …読んでみてもらったほうが早そうなので第1話「僕がいる」をどうぞ!


    感想:2022年3月現在、「エアマスター」とか「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」や「ブルーストライカー」世界との関連は見受けられず。当然「妖怪番長」との関連性なんて皆無です。
    皆無なんですが…第1話で分かる事ですが、もう一人の自分が出てくるSF展開のあるアクションマンガです。

    実際、第1話を読んだ時、ジェット・リー主演の映画「ザ・ワン」の事と、「ターミネーター2」の終盤のとあるシーン(当時、どうやって撮ったの?と衝撃的過ぎたサラ・コナーのあのシーン)が頭をよぎりました。

    このもう一人の自分は一体なんなのか?どこからやってきたのか?については作中で、徐々に明かされていきます。
    現時点で明かされているそのカラクリを考えると、他の柴田ヨクサル作品とのコラボ可能性も0ではなさそうに思えますが…まあ可能性は非常に低そう。

    なお、同じ柴田ヨクサル×沢真タッグの第1弾である「ブルーストライカー」には2つの不満点がありましたが、今回は下記の通り解消されています。
    1.原作の作風と作画のミスマッチ感があった → 「ヒッツ」ではほぼ違和感なし。
    2.ストーリー進行に難があった → 「ヒッツ」は小気味良いテンポで進行している。
    ですので、「ブルーストライカー」よりもおもしろいです。

    現時点で一番好きな話は、第6話「僕らのお守り」。
    この「僕らのお守り」は、「ブルーストライカー」の第8話「チェンジ、ブルーストライカー」や、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」の第12話「通りすがりのショッカー戦闘員です」などで柴田ヨクサルファンにはお馴染みの急にぶっこまれてくるのに、なぜか違和感0で引込まれるアレ系の話です。

    hityamatano1.jpg

    画像は第6話「僕らのお守り」の名場面の1つ。この話、本当に大好きです。この第6話は全てが名場面ってくらい濃密です。

    今後どうなるかはわかりませんが、現在のストーリー展開的に完結する頃には10巻は超え20巻くらいまでは到達してそうに思いますし、そうなってほしい。
    少なくとも打ち切りとなってしまった「ブルーストライカー」の巻数は既に超える事が確定したのは嬉しい限り。
    今回はしっかりと完結まで読ませてほしいので、応援の意味で記事にさせて頂きました。

    しつこいかもですが、少しでも興味が沸いた人は第1話「僕がいる」だけでもぜひ読んでみてください。
    スポンサーサイト



    ラグナクリムゾン 勝手になろうタイトル変換すると「最弱の竜狩人、未来の自分からチート能力持らったけど、敵はもっとチートで全く無双できません!」

    スクウェアエニックスコミックス
    05 /12 2021


    タイトルラグナクリムゾン
    出版社:スクウェア・エニックス
    著者:小林大樹(代表作:「ラグナクリムゾン」、「スカイブルー」、「殺意の戦鬼」)
    ジャンル:アクション・伝奇・ファンタジー
    掲載誌:ガンガンジョーカー
    既巻:8 2021/5/12現在

    ラグナクリムゾン
    左:ラグナ(人類最強のはずなのに大体いつも包帯)
    右:クリムゾン(基本的には女性だけど上の絵は男性版。人間を道具かゴミの2つに分けるクズ)

    そんな2人を主軸に展開されるストーリーが限られた極一部の間で毎月、話題沸騰!(多分)

    それがラグナクリムゾンです。
    では実際に読んでほしいと思います。
    1話:死神が生まれた日
    ※事件発生までの導入に当る部分は、正直ちょっと読むのをやめたくなるような内容ですが、そこを少しだけ我慢して最後まで読んでみてください。

    読んでいただけましたでしょうか?
    読み切りと錯覚するくらいの勢いですよね。
    これはとても面白くなっていくのでは!という可能性を感じましたか?
    それともダメでしたか?

    1話を読んでみて、こりゃダメだって人はすいません。
    ここでサヨナラです。

    良さ気だから1巻だけ読んでみようかなと思った、そこのあなた!
    ごめんなさい。1巻読了と同時にサヨナラになるでしょう。
    ぶっちゃけ1話で感じた面白くなる可能性は気のせいだったのか?と思うほど2話~7話はつまらん展開が続きます。

    さて、1話の時点で「とても面白いものになる」と可能性を感じたあなた!
    安心してください。8話以降は話数を増す毎にどんどん面白くなっていきます!

    1話を読んでいただければお分かり頂けるかと思いますが、小林大樹先生は話の盛り上げ方(起承転結)がめちゃ上手いです。
    初連載の「スカイブルー」でもストーリー構成のウマさはその片鱗を覗かせていたのですが…。
    なぜか2作目の「殺意の戦鬼」は個人的にはダメダメだったんですよね。
    殺意の戦鬼」はスランプ中に書いたのかな?

    せっかくなので少しだけ余談を。
    スカイブルー」は全5巻で打ち切りになってます。
    これは導入(起承)の部分が長すぎて人気が取れなかったのが最大の原因だったのではと思います。
    宿敵の王紅玉の非人間性をもっと早い段階で出せていれば打ち切りは無かったと思うんですが…。
    確かその話が出てくるのが3巻の終わりくらいだたかな?

    この王紅玉の非人間性が露わになる話。
    たまたま少年ガンガンを手にとって、適当にパラパラしてた時に目に飛び込んできたんですよね。
    で、これを切欠に小林大樹先生を知ったわけです。

    1話から読むのを心情にしてますので、途中から読み出すのは個人的にともて珍しいのですが、「スカイブルー」はそんな例外の一つです。
    あの話は神回だと思います。
    でもその後、1巻を手にとって読んでみたらアレ?ってなったんですよね~。
    本当に小林大樹先生は話の導入(プロローグ)→転換点(本編開始)までに難があると思います。

    話をラグナクリムゾンに戻します。
    社会現象となった鬼滅の刃にはまった人なら十分、ハマるれると思います。
    ※「鬼滅の刃」=「ラグナクリムゾン」って意味ではないです。

    それ以上は、語りません。

    未読の方はぜひ!
    念のため1話:死神が生まれた日再掲!

    東島丹三郎は仮面ライダーになりたい 仮面ライダー好きの話と思いきや、まさかの谷仮面⇒エアマスター世界の正統続編??

    小学館コミックス
    08 /17 2020


    タイトル東島丹三郎は仮面ライダーになりたい
    出版社:小学館
    作者:柴田ヨクサル(代表作:「ハチワンダイバー」「エアマスター」「谷仮面」「ブルーストライカー」)
    ジャンル:格闘・ストリートファイト・仮面ライダー
    掲載誌月刊ヒーローズ

    柴田ヨクサルと言えば、「エアマスター」、「ハチワンダイバー」ですよね?
    そして、これらの作品は「谷仮面」を起点として「谷仮面」⇒「エアマスター」⇒「ハチワンダイバー」⇒「ブルーストライカー」と同じ世界の話として継続展開されている事が非公式の事実として知られています。(※作者からの明言はなされていません)
    時系列に沿って、各マンガに登場する同一人物の年齢や取り巻く環境が変わっていくのも見所の一つとなってます。

    例えば「エアマスター」の相川摩季。
    エアマスター」では女子高生。「ハチワンダイバー」では肩書き??でしたが、「ブルーストライカー」では警察官として登場し、坂本ジュリエッタとの喧嘩まで披露されました。

    そして、この「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」ではなんと警察官⇒無職(懐かしい覆面姿)で登場します。

    エアマスター」ファンなら分かりますよね?

    そう、成り行きで崎山かおりと結成した《ファミレスラーズ》として、サンパギータ・カイ&早瀬実緒と激闘を繰り広げたあの時の覆面姿です。
    これを見ると「サッキヤマ!サッキヤマ!」と声が聞こえてきますよね!
    皆様の心にも居酒屋ボンバーは未だ熱い思い出として残っている事でしょう!
    え、忘れた? そんな人は今すぐ「エアマスター」8巻と9巻を読み直しましょう!
    そもそも、知らない人は「エアマスター」を全巻読みましょう!! 



    さて前置きが長くなりましたが、「東島丹三郎は仮面ライダーになりたい」はそのタイトル通り、仮面ライダーに憧れる東島丹三郎が仮面ライダー目指して成り上がるサクセスストーリー(?)です。

    主人公の東島丹三郎がどれくらい仮面ライダーに憧れているかと言うと修行に明け暮れ、修行のしすぎで熊すら素手で倒してしまいますが、「熊を倒せても仮面ライダーにはなれない!」と嘆きながら暮らしているほどです。
    まるで「打倒 相川摩季!」を誓った北枝金次郎です。

    そんな丹三郎の前にショッカーを名乗る強盗、ストロンガーの相棒であるタックルに憧れる女教師や仮面ライダーV3に憧れを持つ熱いライバルなどが登場し、誰が本物のライダーか?を決めるガチンコバトル(ストリートファイト)が繰り広げたりします。
    が、特筆すべきは“本物のショッカー”も出てくることです。
    この展開、そこはかとなく「ブルーストライカー」との連動を感じませんか?
    もしかしたらもしかして…根津田の登場もありえるかもしれません。
    これはそんな柴田ヨクサルファンならば決して放って置けないマンガです。

    気になった人は百聞は一見にしかずといいますので、
    ぜひ、こちらのヒーローズ公式サイトにて1~3話までご一読を!

    異世界おじさん タイトルの損を表紙でカバーするもイマイチ世間に普及しない「異世界おじさん」を応援しています!

    角川書店コミックス
    07 /03 2020


    タイトル異世界おじさん
    出版社:KADOKAWA
    著者殆ど死んでいる(代表作:「異世界おじさん」)
    ジャンル:日常・セガ・ファンタジー
    掲載サイトComicWalker
    2020年7月現在は4巻まで発売中。

    今回紹介するのは、あの殆ど死んでいる先生(注:作者名です)異世界おじさんです!

    主人公の異世界おじさんは、一度、異世界「グランバハマル」に行って2017年の現代日本へ帰ってきたおじさんです。
    この物語はそんなおじさんが病院で目を覚ますところから始まります。
    おじさんは西暦2000年17歳にして異世界に飛ばされます。
    おじさんが異世界に行って帰って来るまでの間、日本ではおじさんは17歳の時にトラックに跳ねられ、その後17年間もの間ずっと昏睡状態になっていました。
    つまり異世界おじさんは17歳→34歳で日本に帰って来たタイムトラベラーでもあります。

    34歳なので、おじさんと言っても見た目はこんな感じです。
    左からノーマル、ハイテンションな時(主にセガが原因)、変身した時です。


    悲しい事におじさんは主役なのにまだコミックスの表紙になった事がありません。
    ※4巻の表紙はツンデレ(エルフ)さんに変身した時のおじさんですが、このverのおじさんの本編登場はたったの1回だけ!
    ノーマルおじさんが表紙にならないのは恐らくComicWalker編集部の陰謀でしょう。

    さて異世界おじさんの主な登場人物は、おじさんだけではありません!
    甥っ子のたかふみ、たかふみの幼馴染の澄夏。
    異世界おじさん2異世界おじさん4

    それと準レギュラー?のツンデレ(エルフ)さん、メイベルさん
    isekai6.jpgisekai7.jpg

    他にも最近、出番の増えてきた勇者一行など。
    isekai6_2020070315553601a.jpgisekai7_20200703155535ede.jpg


    こんな魅力的なキャラクター達で繰り広げられるストーリーとは!?
    早速この異世界おじさんとはどんな漫画なのかを紹介していきたいと思います。

    続きを読む

    漫画・小説の許せない話 途中から発行されなくなる紙版について

    マンガ
    03 /24 2020
    タイトル通りですが、ブルーストライカー(記事)という漫画で許せない事が起こりました。
    この漫画を紙版で集めており最終巻を探していたのですが、先日なんと最終巻は電子版のみの販売という事実が判明!

    なんじゃそりゃ!

    ことの発端は打切りなんですが…。
    そりゃあこれまでも集めていた漫画が打ち切りになった事は何度かありましたよ?
    打ち切り決定当初は、残念だなあ程度の感想でした。
    しかあああし!
    紙と電子で売っといて紙版の最終巻はゴメンってそれはないでしょ!
    単行本にできる分量があるのに単行本化されないなんて事態に遭遇したのはさすがに初めてです。
    注)繰り返しますが電子版は出版されました。

    面白い漫画ほど一気読みしたくなるものですよね?
    電子版は長時間読んでると目が痛くなるため、私の場合は購入候補となりません。
    年齢を重ねる毎にこの傾向は強まっており、電子版はどんどん辛くなってきてます。
    やはり紙版は至高(海原雄山)なのです! 注)個人の感想です。

    なぜ電子版だけ販売されたのか? についての解答は明確です。
    紙版で出版した場合、発行部数>売上部数となり発行コストがそのまま赤字になる。
    電子ならコストは最小限に抑えられ確実に利益が取れる。

    コスト回収できるほど人気がなかったのわかるよ!わかるんだけどさあ~~。
    そんな作品にもファンはいる訳ですよ!
    今回の行為はそんなファンへの裏切り以外の何物でもないよね?


    気になって他に同じ事例がないか調べて見たら結構あるようです。
    ↓は紙で連載してたのに途中から電子コミックのみ販売になっているためブルーストライカーよりもひでえ。

    ①買っていないけど雑誌で読んでたマンガだと
    琴ノ葉さんが恋してる サンデーGX(小学館)
    D・N・ANGEL 月刊ASUKA(角川書店)

    ② ①+紙で最終巻まで出てるけど、完結後に未収録の外伝やオマケを電子版のみで販売のあるマンガだと
    五佰年BOX イブニング(講談社)
    刻刻 モーニング(講談社)

    他にも知りたいって方は、これ電子書籍でしか販売されてないのか...っていう単行本の情報が参考になるかと。

    今回の事を教訓に私は今後一定の人気がない作品を買う事が減るでしょう。
    少なくとも1~5巻しかでてない段階で買う事はもうない。
    同じ目にあった人は、大体、同じ結論に辿り着くんじゃないのかなあと思う。
    出版業界は自ら出版不況を招いている気がするけどこれでいいの?

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株式投資に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更しました。

    株式投資は長期投資(1年~5年保有)を主軸としていますが、短中期をやらないという訳でもないです。
    投資判断はファンダメンタルズ分析をメインにしてますがテクニカルもある程度は気にします。

    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。