おもしろマンガアニメゲーム映画情報サイト

    マンガをメインに小説・ゲーム・映画・アニメなどの情報やレビューを個人的感想まじえながら紹介。基本ネタバレなし。ネタバレになる部分は白文字で書いてます。                        ちなみにタイトルの“おもしろ”部分はこのサイトが面白いという意味ではなく、面白いと思ったものを紹介していくという意味ですのであしからず♪(たまに例外アリ)
    最新ニュース

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [タグ未指定]
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    フキゲンシンデレラ PM12時の鐘が鳴ると男にAM12時の鐘が鳴ると女の子に!

    フキゲンシンデレラ(1) (電撃ジャパンコミックス)

    タイトルフキゲンシンデレラ
    出版社アスキー・メディアワークス
    著者村山渉(代表作:「デザート・コーラル」「ジャンクヤード・マグネティク」「不可視戯トライアング」「彼と彼女の(オタク)2」)
    ジャンル恋愛TSF
    掲載誌電撃コミックジャパン
    全3巻。

    内容:神無春彦(男)は、ある日突然なぜか、女の子になってしまう体質に。
    元の男に戻るものの、男女の入れ替わりは続く。
    性別が変わるごとに、身体の違いや人との接し方にとまどう。
    好きだった幼馴染。親友の男の子。
    性別が変わるだけで世界はこんなにも変わってしまうのか。

    関連記事
    スポンサーサイト

    餓狼伝 丹波文七を中心とした戦闘潮流に飲み込まれていく男達の戦い。

    餓狼伝1巻 (少年チャンピオン・コミックス)

    タイトル餓狼伝
    出版社スコラ社講談社秋田書店
    原作夢枕獏
    著者板垣恵介(代表作:「」シリーズ、「刃牙&tag=takatuka71-22">餓狼伝」)
    ジャンル格闘
    掲載誌コミックバーズヤングマガジンアッパーズ→イブニング→週刊少年チャンピオン
    1巻以下続刊。

    内容:ただひたすらに最強を探求する流浪の格闘家・丹波文七。
    北辰会館創始者にて地上最強に最も近い男・松尾象山、その門下である天才・姫川勉堤城平
    プロレス団体FAWの社長で、「松尾象山と唯一対等に闘える存在」と言われるグレート巽。同団体所属の長田弘鞍馬彦一
    竹宮流柔術の宗家・泉宗一郎、その弟子である藤巻十三
    丹波文七は、次第に彼ら戦闘者の織り成す潮流に飲み込まれていく事となる。

    総合格闘技ではなく“異種格闘技”を取り扱った夢枕獏×板垣恵介で送る格闘伝。

    関連記事

    DRUGーON ドラゴン 斎藤岬が送る“望みが叶う島”を守るテイカーとその従者の秘話

    DRUGーON 1 (バーズコミックス)

    タイトルDRUGーON ドラゴン
    出版社幻冬舎
    著者斎藤岬(代表作:「DRUGーON ドラゴン」「外つ神」)
    ジャンルSFファンタジー
    掲載誌コミックバーズ
    全5巻。

    内容:どんな望みも叶えることのできる神の力を持つ泉があると伝えられる島。
    立ち入り禁止とされているその島に渡ろうとした少年少女らは、その島に続く道があるという城に立ち入ろうとしてそこの住人だという男女に見咎められるが、女の子のほうは彼らを手引きし、その島に誘導する。
    しかし、その水には合う合わないがあり、体に合わない人間はモンスター化するという伝わっていない真実があった。

    その事実を知らずに、のぞみを叶えようと訪れる人間たちを追い払うのが、人とは成長も違う、人外のものである城にいた男女の役目。
    彼らは、異形と化した人を倒し、望みが叶うという島を守る「狩る者」テイカーだった。

    関連記事

    ミミツキ|動物の耳と尻尾をもつ人々“牙耳氏”の絆の物語

    ミミツキ 1 (バーズコミックス)



    タイトル:ミミツキ
    出版社幻冬舎
    著者相川有(代表作:「DARK EDGE」「WIZARDS NATION」「ミミツキ」)
    ジャンルファンタジー日常
    掲載誌コミックバーズ
    1巻以下続刊。

    内容:ある日、三流大学生の鈴森縞太郎は大伯父、先太郎が亡くなった事を聞かされる。訳が分からないまま大伯父の跡継ぎを選ぶ儀式により、『文火武火堂』を継承する事になり、文火武火堂に住む様に定められる。
    困惑する縞太郎だが、さらに追い撃ちのように自分を含め祖父の血を引く家族が皆、ただの人間ではなく獣の血が混ざっている事を知らされる。
    いよいよ引っ越し。しかし引っ越したその日に事件が起こった。耳と尻尾のある少女がダンボールに入れられ届けられてきたのだ。

    感想:1話目から展開が速く、飛ばしております。あまりの急展開に設定を理解するのに少し時間を要しました。まさに縞太郎の気分が味わえます。この漫画、ドタバタ日常劇といった内容なんですが、相川有の描くキャラクターの可愛さにやられました。
    絵柄のおかげで見た目も可愛いのですが、どのキャラも言動が可愛らしいく楽しい内容になっています。
    ストーリーのほうは月刊誌の割にとにかく展開が速く、それだけならまだしもキャラも多いため人物相関関係を掴むのは連載では、なかなかにホネです。単行本で読むことをオススメします。

    関連記事

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    月別アーカイブ
    プロフィール

    無様な愚か者

    Author:無様な愚か者
    プロフィール画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれ福岡出身の九州野郎です。
    コアな内容でも気にせず趣味に走って掲載してます!

    リンク、コメント、トラックバック大歓迎♪
    相互リンクも随時受付中!


    カテゴリ以外からも、各記事のタグから関連情報が閲覧できますのでぜひ御活用を!
    URLは、そのまま“死ぬまで負けてない”です。
    立ち上げの時、ちょっとある事が原因で、クサりかけていたため「頑張ろう!」という決意の元にこんなURLにしました(笑)

    Twitter
    ピックアップゲーム
    ピックアップDVD
    ピックアップBOOK


    ブログランキング・にほんブログ村へ
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。