取引備忘録 20/3/25 1銘柄売り、1銘柄買い

    株式投資
    03 /25 2020
    ◆ジャストプランニング 303.8円で10単元売り

    昨日の今日だけど東京オリンピック1年延期決定した事と、売却資金でオリックス2単元買えるやん!って事で資金効率を優先して売り。
    なおジャストプランニングによるとプットメニューの本格展開は2021年以降との事なので、東京オリンピック1年延期はプラス材料。
    年内に再度買い戻したい。できれば200円くらいでほしい。あるかわからないがコロナショックの2番底を待ちたいと思う。

    ◆オリックス 1,410円で2単元買い
    合計 4単元 平均取得単価 1,420円になった。

    3月末が配当権利日であること、コロナ対策で実施される経済対策がプラスに働くと見て少し多めに買い戻し。
    関連記事
    スポンサーサイト



    漫画・小説の許せない話 途中から発行されなくなる紙版について

    マンガ
    03 /24 2020
    タイトル通りですが、ブルーストライカー(記事)という漫画で許せない事が起こりました。
    この漫画を紙版で集めており最終巻を探していたのですが、先日なんと最終巻は電子版のみの販売という事実が判明!

    なんじゃそりゃ!

    ことの発端は打切りなんですが…。
    そりゃあこれまでも集めていた漫画が打ち切りになった事は何度かありましたよ?
    打ち切り決定当初は、残念だなあ程度の感想でした。
    しかあああし!
    紙と電子で売っといて紙版の最終巻はゴメンってそれはないでしょ!
    単行本にできる分量があるのに単行本化されないなんて事態に遭遇したのはさすがに初めてです。
    注)繰り返しますが電子版は出版されました。

    面白い漫画ほど一気読みしたくなるものですよね?
    電子版は長時間読んでると目が痛くなるため、私の場合は購入候補となりません。
    年齢を重ねる毎にこの傾向は強まっており、電子版はどんどん辛くなってきてます。
    やはり紙版は至高(海原雄山)なのです! 注)個人の感想です。

    なぜ電子版だけ販売されたのか? についての解答は明確です。
    紙版で出版した場合、発行部数>売上部数となり発行コストがそのまま赤字になる。
    電子ならコストは最小限に抑えられ確実に利益が取れる。

    コスト回収できるほど人気がなかったのわかるよ!わかるんだけどさあ~~。
    そんな作品にもファンはいる訳ですよ!
    今回の行為はそんなファンへの裏切り以外の何物でもないよね?


    気になって他に同じ事例がないか調べて見たら結構あるようです。
    ↓は紙で連載してたのに途中から電子コミックのみ販売になっているためブルーストライカーよりもひでえ。

    ①買っていないけど雑誌で読んでたマンガだと
    琴ノ葉さんが恋してる サンデーGX(小学館)
    D・N・ANGEL 月刊ASUKA(角川書店)

    ② ①+紙で最終巻まで出てるけど、完結後に未収録の外伝やオマケを電子版のみで販売のあるマンガだと
    五佰年BOX イブニング(講談社)
    刻刻 モーニング(講談社)

    他にも知りたいって方は、これ電子書籍でしか販売されてないのか...っていう単行本の情報が参考になるかと。

    今回の事を教訓に私は今後一定の人気がない作品を買う事が減るでしょう。
    少なくとも1~5巻しかでてない段階で買う事はもうない。
    同じ目にあった人は、大体、同じ結論に辿り着くんじゃないのかなあと思う。
    出版業界は自ら出版不況を招いている気がするけどこれでいいの?
    関連記事

    取引備忘録 20/3/24 1銘柄買い

    株式投資
    03 /24 2020
    ◆ジャストプランニング 286円で特定5単元買付
    購入時PER 21.5
    購入時PBR 1.16

    合計 10単元 平均取得単価471円になった。
    3/13とか3/16、あるいあ3/23などもっと良い買いタイミングあったけど、
    外食産業の景気後退⇒設備投資意欲減⇒プットメニューの導入進まず業績悪化が頭をよぎり買えなかった。
    ならなぜ買ったのか? というと、この悪いシナリオ通りになっても時価総額、PBRの点から現時点で充分に安いこと。
    自己資本比率が高く有利子負債なしと倒産の心配がない。
    悪いシナリオ通りとなって、外食景気後退⇒リストラ⇒人手不足を補うもの必要⇒導入需要増と業績が好転する可能性を連想したため。

    でも現時点では、悪いシナリオ通りになり客先にキャッシュがなく、設備導入続かずで業績悪化する可能性のほうが強い。
    そうなると、現時点の株価は286円でも将来的なPERは40~60台となるかも。
    つまり今回の買い増しは賭けの要素が強い(投資というより投機)


    インターアクションが結局買い増しできず、3/19の終値1702円を底に値を戻し始めている。
    あとたった2円下がってたら指値に指さってただけに無念。
    自分としてはどちらかというと株については、上がると悔しく下がると嬉しいというのがデフォルトなスタンスのため今回の暴落よりショックが強い。
    こんな性格だから狙ってた銘柄の株価が上昇し始めると慌てて買っちゃう傾向があるのでここは自制が必要。

    ただ半導体関連企業にお勤めであるらしいけーさんがツイキャスで言っていた事や、
    コロナが終息したわけではない事などを考えるとまだ年内にチャンスは巡ってきそうなのでおとなしく希望株価に下がる日を待ちたい。
    関連記事

    2020年 新型コロナウイルスショック(暴落) 2020/2/25~3/19

    全体相場記録
    03 /19 2020
    コロナショックの本震についての記録です。
    前震については2020年2月初頭 新型コロナウイルスショック(急落)をご参照ください。

    ここでは世界情勢や個人投資家の動きと、私自身がどのように動いたか?に焦点をあててます。
    ※コロナの感染数や日経平均の推移等の各種データは《続きを読む》にて掲載。

    以下、日経平均の±は端数切捨てにて記載。
    2/25…日経平均は前日比-781円の下落。日銀700億円の買い。25日騰落レシオ70割れで個人の勝負買い。私は1銘柄買い。
    2/26…日経平均は前日比-179円の下落。日銀700億円の買い。私は1銘柄売り。
    2/27…日経平均は前日比-477円の下落。日銀700億円の買い。
    2/28…日経平均は前日比-805円の下落。日銀700億円の買い。私は3銘柄買い。

    3/2…日経平均は前日比+201円の上昇。日銀1,000億円の買い。
    3/3…日経平均は前日比-261円の下落。日経平均PBR1倍の20,750円が底値と見たリーマンショック生存組の個人が買い。
    3/4…日経平均は前日比+17円の上昇。
    3/5…日経平均は前日比+229円の上昇。
    3/6…日経平均は前日比-579円の下落。日銀1,000億円の買い。日経平均PBR0.99倍に。私は7銘柄売り。

    3/8…市場は休み。イタリアのミラノが閉鎖される。
    3/9…日経平均は前日比-1,050円の下落。日銀1,000億円の買い。原油急落。米国市場CB発動。
    3/10…日経平均は前日比+168円の上昇。日銀1,000億円の買い。
    3/11…日経平均は前日比-451円の下落。twitterから「おはぎゃあ」がなくなる。私は1銘柄買い
    3/12…日経平均は前日比-856円の下落。日銀1,000億円の買い。日経平均PBR0.89倍に。米国市場CB発動。
    3/13…日経平均は前日比-1,128円の下落。日銀1,000億円の買い。米国非常事態宣言。
    3/14…某投資家オープンチャットのオフ会。約50人が参加。
     挙手アンケートによると46人程が年初来マイナス(指数負け)との事だったが悲壮感ゼロ。
     2次会でも暴落は終わったという雰囲気が多数を占めていた。その様子を見て暴落は続く想定で行動する事を決定。

    3/16…日経平均は前日比-429円の下落。日銀会合が前倒し開催。G7緊急テレビ電話会議。
     フィリピン封鎖オカダマニラ営業停止。米国市場CB発動。NYがバーやレストランに閉鎖指示。25日騰落レシオが40.12に。
    3/17…日経平均は前日比+9円の上昇。日銀1,200億円の買い。フィリピン株式市場取引無期限停止処置。twitterが夜間に「アビガンがコロナに有効」を材料に楽観に傾く。私は1銘柄買い
    3/18…日経平均は前日比-284円の下落。遂に日経平均終値が17,000円を割る。私は2銘柄買い ダウが遂に19,898円に。
    3/19…日経平均は前日比-173円の下落。終値は16,552円。NY証券取引所が関係者コロナ感染で一時取引フロアを閉鎖23日から電子取引のみへの移行を表明。日銀2,004億円の買い。

    日経平均は2/21の終値23,386円が、3連休後の2/25の終値は22,605円。
    その後、3/19に一時は16,373円をつけ、終値は16,552円と2/21→3/19の約1ヶ月で-29.3%の大幅暴落となりました。

    続きを読む

    関連記事

    取引備忘録 20/3/18 2銘柄買い

    株式投資
    03 /18 2020
    ◆IPS 850円で特定3単元買付
    購入時PER 16.3
    購入時PBR 3.01

    合計 20単元になった。(特定 10単元+NISA 10単元)
    特定平均取得単価 1,063円
    NISA平均取得単価 1,168円
    特定+NISA合算平均取得単価=1,115.5円

    昨日の今日で800円割ってないのに買ってしまった・・・。


    ◆プレサンス 924円で特定2単元買付
    購入時PER 2.75
    購入時PBR 0.53

    今回のショックによる株連れ安の不動産価値の下落は恐らくこの会社にとってチャンス!と見て買い。
    あと配当。


    インターアクションがいい感じの値動き⇒そのまま下にカモン!
    ユニバーサルEが買い増し基準に達しそう。⇒買うか悩む。売りはなし。
    関連記事

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。