決算被弾について 20/2/14  ※2/17(月)追記

    株式投資
    02 /16 2020
    コメ兵(2780)
    6月の決算シーズンはコロナ影響による下方修正や減収減益決算が目立つ事になるかも・・・と思っていたらコメ兵が早くも2/14に2~3月はコロナにより客足が減るとのを見通しから大幅減益予想を発表。
    中国客が多いのはわかるけどそこまで?本当にコロナが理由?と疑ってならない。 (ノД`)ハァ

    20200214コメ兵下方修正

    協立エアテック(5997)
    2/13(木)に2020年12月期について謎の大幅減益予想と減配を発表。短信に何も理由が書いてない。
    そこで当日のうちにIRに電話してみたらIR担当は不在で他に回答できる人材もいないとの返答。
    そこで担当者は明日は出社してるかを尋ねてみると月~水曜日しか出社していないとの話。
    決算発表当日にIR担当が不在??
    雇用契約はさまざまだからIR担当の出勤日については100歩譲って納得したとしても、決算当日に減収減益予想の理由を答えられる人材が誰もいないって何??
    ヨクワカラナイヨ!
    こんな株主軽視企業に投資していたとは・・・(ノД`)ハァ


    2/17(月)追記
    協立エアテックのIRに電話したところ、減収減益と配当の減配の理由を聞けた。
    まあ一定の理解を示せる理由だったけど・・・といった内容だった。
    ついでにIR担当が木・金にいないのはなぜ?と聞いてい見たところIR担当が辞職予定で後任が決まっていないからとの事だった。
    御話頂いた御担当者様の年齢は聞いていないが声の感じからすると50~60代ぽかったのでこちらについては納得。

    協立エアテック20200214減益予想
    関連記事
    スポンサーサイト



    2020年 新型コロナウイルスショック(急落)

    全体相場記録
    02 /14 2020
    新型コロナ(COVID19)によって市場に起きた2020/1/30~2020/2/7の急落相場の振り返り

    中国発症の新型コロナウイルスの感染拡大→武漢市閉鎖から端を発した市場の動きを振り返ります。
    新型コロナ感染者数
    一部抜粋のため実際には↑に載ってない他の国にも感染者はいるけど、新型コロナの死亡率は感染者全体の2%ほど。

    米国で2019年インフル猛威
    とのニュースもありインフルエンザの死亡者数は日本だけでも年間1,000人を超えるのだが、一大生産地である中国で起きたパンデミックである事+新型のウイルスである事+武漢市が閉鎖した事がニュースに大きく取り上げられた事で、各企業の業績悪化懸念が増大。市場は新型コロナに敏感な反応をしめしニュースとダンスを始めてしまう。

    NYダウは2020年1/21(火)から下降トレンド入り→1/31(金)に新型コロナショックにおいての最大の下げを記録。
    日経平均も1/21(火)から日経平均が下降トレンド入り。1/24(金)から騰落レシオもあわせて下降開始。
    日経平均は1/27(月)には終値で-483.67円(-2.0%)の下げを記録。
    1/30(木)には終値で-401.65 円(-1.7%)の下げを記録。
    2/3(月)にはNYダウの下げを引き継ぎ、一時-429.26円を記録するも終値は-233.24(-1%)にとどまる。
    ※この2/3(月)の最安値22,775.92円は直近での日経平均の年初来安値記録となり、年初来安値記録銘柄は122になった。

    続いてVIX恐怖指数について。
    米国VIX恐怖指数は1/23(木)に12.98だったが1/31(金)には18.84まで上昇した。
    日経VIX恐怖指数は1/24(金)に14.88だったが2/3(月)には19.98まで上昇した。

    が、2019年の5月、8月(どちらもトランプ大統領発言の貿易摩擦激化が懸念された事が主因)に比べると小規模な下落に留まった。

    2020/2/14(金)現在、日本国内でも死者がでるなど、まだ新型コロナ感染拡大は終息したわけではない状況。
    そのため各企業への業績や株価にさらに影響が出る可能性はあるが、コロナショックは地政学リスク的によってもたらされた2020年最初の買い場であった事は間違いないと思われる。

    それぞれのチャートは↓

    続きを読む

    関連記事

    取引備忘録 20/2/3

    株式投資
    02 /03 2020
    ◆買付
    IPS NISAで5単元

    取得単価 1110円に対して
    PER 21.27
    PBR 3.92
    時価総額 140億円
    配当利回り 0%

    合計 13単元になった。(特定 3単元+NISA 10単元)

    コロナショックによる全体下げに便乗して追加入金で買い。
    1000円割るならさらにほしいけど・・・お金が!
    関連記事

    取引備忘録 20/1/24

    株式投資
    01 /24 2020
    ◆買付
    IPS NISAで2単元

    取得単価 1190円に対して
    PER 22.95
    PBR 4.21
    時価総額 146億円
    配当利回り 0%

    合計 8単元になった。(特定 3単元+NISA 5単元)

    ◆売却
    新日本製薬 1単元
    1,360円

    PER 14.9
    PBR 2.3
    売却時時価総額293億

    予想に反して下げトレンドが継続しそうなのとCPの回復のために売却。
    業績には問題見られないので引き続き監視。
    関連記事

    取引備忘録 19/12/24 ※1/1追記

    株式投資
    12 /24 2019
    プレサンス 2単元

    取得単価 1381円に対して
    PER 4.09
    PBR 0.8
    時価総額 887億円
    配当利回り3.75%

    イベント投資銘柄として購入したけど多段階配当モデル投資銘柄としても面白い。
    毎年増配してるけど配当性向は配当と優待合わせてもざっくり計算で20%程度くらいと高くない。
    なので短期として見るべきか長期で見るべきか悩ましい銘柄。
    だけど個人的には短期目線で注目中。

    続きを読む

    関連記事

    無様な愚か者

    画像は英雄伝説 零の軌跡に登場する御方。

    私は1984年生まれで福岡出身福岡在住です。
    趣味と株に時間を取られ更新滞っていたため、投資録+レビューに掲載内容を変更。
    レビューはコアな内容でも気にせず趣味に走って掲載する方針です。